アップルのiPhone 14発表イベントを終えて、考えるべきこと

ニュース

Appleの大きなショーで企業に関する考察は少し薄かったが、Appleが発表したこと、そして同社が追求している戦略は、賢明な企業にとって参考になるものだろう。

Appleは本日、iPhone 14シリーズ(Proモデルのみ新しいA16チップを搭載)、3モデルのApple Watchシリーズ、新しいAirPods Proを発表し、イベント前の憶測をほとんど裏付けました。これは、主に消費者に焦点を当てたイベントで、企業への配慮はほとんどありませんでしたが、不思議ではありません。

しかし、ここで私が拾ったいくつかの知見を紹介します。

iPhoneの衛星通信機能

iPhoneで衛星通信を可能にするというAppleの決断に、企業としての影響はあるのでしょうか?あるかもしれません。

この方程式は、Appleが本質的に接続性が本当に普遍的になるとは考えていないと述べていることを意味し、同社(またはそのパートナー)は、海洋での機会や敵対的な環境でも可能な接続性を遠隔地のユーザーに提供することを検討できることを意味します。海事、緊急復旧、探検などのビジネスユーザーにとっては、iPhoneが緊急時の必須装備となる可能性があるということだ。

行間を読むと、2年後にはこの契約にはもっと大きな意味があるのかもしれない。というのも、アップルは今後2年間、衛星を使った緊急SOSを無料機能として提供すると言っているからだ。その後どうなるのか?そして、この機能はどこまで拡張されるのだろうか?それは、この機能は確かにGlobalStarによって供給されているようだ.(古い考えと言われるかもしれないが、GlobalStar社がこのサービスに関連して承認した資本支出の95%をApple社が支払うという事実も私の興味をそそった)。

低い目標で高い目標を目指す

このイベントから得られるビジネス上の教訓は、AppleがApple Watchで行ったこと、つまり、新しい(そして低価格の)Apple Watch SEで参入コストを下げると同時に、Apple Watch Ultraで志望度を高めたことかもしれません。新しいSEは、これまでのAppleのウェアラブルの多くが答えてきたニーズを完全に満たしています。そして、人類の50%に本来アピールする機能(新しい温度センサーなど)で標準モデルを改良する一方で、意欲的な新しいデバイスを導入しました。古典的なマーケティング手法の工夫で、799ドルのApple Watch Ultraは、ユーザーがそもそも欲しいと思っていなかったものを垣間見せるものなのです。

アップル社は、これを作るために何年もかかったという。この教訓は、すべての製品やサービスを提供する企業の経営マニュアルに記すべきものである。最高のものをより良くするだけでなく、さらに良いものがどこに違いをもたらすかを考えるべきです。なぜなら、それがうまくいけば、既存の顧客は皆、とにかく欲しくなってしまうからです。Apple Watch Ultraでは、そうなることを期待しています。私はすでに、山登りをあまりしないにもかかわらず、クレジットカードを叩きつけてこれを手に入れた人を少なくとも一人知っています。(編集部注:見られている感じです)。

ダイナミックアイランド

Appleは、Proモデルの携帯電話のノッチを、Dynamic Islandと呼ぶものに置き換えました。これは、これまで単に無駄になっていたスペースをスマートに利用したもので、サードパーティの開発者はこの新しいスペースを利用するアプリを作ることができると同社は話しています。(これを利用したサードパーティ製の宅配アプリを簡単に紹介した)。

ビジネスアプリの開発者が、エンドユーザーとのつながりを構築するために、アプリにDynamic Islandを活用する方法を見出すかもしれませんね。宅配業者が配達時間を表示したり、小売業者がキャンペーン情報を掲載したり、ホテルや観光地が近さや地域情報を表示するために利用することは容易に想像がつきます。また、公共交通機関がこの機能を利用して、次のバスや電車の到着時刻を表示することも想像できますし、少なくともそうなることを願っています。

なぜなら、このような基本的なマイクロ体験は、将来、複合現実感デバイスを使用する際に、ユーザーが楽しむ情報ナゲットのようなものになるかもしれないからです。インパクトが少なく、情報量が豊富で、しかも関連性があり、刹那的です。このAPIを試してみる価値はあると思います。

ARはどこにでもあった

目に見えるところに物を置くということ?Appleの幹部がバーチャルスライドの前に立つたびに、ARやVRが既存の会話をどのように補強できるかが示されました。このような露出が多いということは、誰もが期待するデバイスが登場する頃には、それが何をするのかが必然的に感じられるようになることを意味します。そして、AirPods Proに搭載された小さなトラックパッドは、AppleがよりウェアラブルなUIを開発し続ける上で、ほぼ間違いなく意味を持つことになるでしょう。

これに、AI、CMOS、画像処理、画像処理における機械学習の面で進歩し続けるアップルを組み合わせると、おそらくインテリジェントな機械を作るために必要な知能の種類が進化し続けることを見極めることができるでしょう。例えば、クルマ。

壁一面の愛とフィットネス

Appleは、Apple Watchを持っていなくても、21カ国のすべてのiPhoneユーザーがFitness+のサービスを利用できるようにする予定です。これは嬉しいことですが、同社のサービスの範囲を広げる動きはこれだけにとどまりません。Fitness+のメリットのひとつは、Apple Watchで拾ったデータを使いながら、Apple TVでワークアウトビデオを見ることができることです。

将来的には、Apple TVを持っていなくても、サードパーティーのデバイスにワークアウトをストリーミングできるようになり、Apple Watchも持っていれば、それが提供する画面上の指標を得ることができるようになります。この小さな改善は、Appleがそのサービスの中核に多少のAppleはあるものの、プラットフォームに依存しないものにしようとする意図の大きさを暗示するものであり、意義深いものです。

アップルは、いわゆる「壁に囲まれた庭」を超えて手を伸ばしています。

緑のスライド

簡単に説明します。カリフォルニア州全域に猛暑警報が発令されています。パキスタンでは、広大な国土が溺死している。イギリスでは雨が降り、何ヶ月も雨が降らなかったのに、ホースパイプの使用が禁止されている。ヨーロッパでは、野原や森が燃えている。遅すぎる行動かもしれないが、理性的な人間なら、アップルが自社製品の環境への影響を詳細に説明するスライドをフラッシュアップするたびに約束するような、企業の誠実さをもっと要求するべきだ。それでも、まだ道半ばのようだ。

進行方向

もうひとつの小さな特徴は、AppleがUWBをAirPodsの領域まで拡張したことです。Precision Findingでは、U1対応のiPhoneを持つユーザーは、充電ケースの位置をガイド付きで確認することができます。この機能は、Appleの「Find My」システム(この機能を動かすもの)が約束するものという点では目新しいものではありませんが、このような技術が持つ恐ろしいストーカーや監視の悪用について、同社がどの程度までナビゲートしているかを示唆するものでもあります。

米国向けeSIM(現時点では)

eSIMへの移行は、当面は米国のみですが、ビジネスユーザーにとっては、従業員間で会社の回線を展開することがより容易になることでしょう。そして、eSIMがより広く採用されるようになると、通常アップルがこの種の動きを見せるとそうなるのですが、不正な目的のために偽IDを作成し悪用することが少し難しくなるでしょう。

もう一つ忘れてはならないのは、社員全員にeSIM回線を提供する場合、その番号をiPhoneから別のデバイス、特に別のプラットフォームのデバイスに移すために必要なプロセスを再確認する必要があるかもしれないということです。ビジネスユーザーにとって一貫した番号提供の重要性を考えると、この移動は企業購入者が考えるべきことの一つである。また、旅行者にとっては、バーナーSIMを差し込むだけで、通信事業者の料金の高騰を回避することが難しくなる可能性があります。

可能な限りパーソナライズする

引き伸ばしになってしまいますが、AppleがAirPods Proで消費者重視の企業へのインサイトとして使えるような、ある小さな新しい調整を導入することに成功したことに感心しました。Apple製品を使ったことがある人なら、自分の小さなアバターを作ることができるMemojiを目にしたことがあるのではないでしょうか。FaceTimeを使うときに便利な機能ですが、Appleはこの小さなデジタルな喜びを現実の世界に持ち込もうとしているようで、新しいAirPods Proのケースに自分だけのアイコンを刻むことができるようになりました。

これは、多くの人にとっては比較的些細なことかもしれませんが、私にとっては、顧客とのパーソナライズされた関係を構築することの力を示す良い表現です。小さな工夫ですが、良いことだと思います。

Twitterでフォローするか、MeWeのAppleHolic’s bar & grillとApple Discussionsのグループに参加してください。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました