アップルCOVID-19はiPhoneの供給を直撃する

ニュース

“我々は現在、iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxの出荷台数が、以前の予想よりも少なくなると予想しています。”と同社は珍しく日曜日の声明で述べています。

Appleは、COVIDに関連する障害により、iPhone 14 ProおよびPro Maxの需要を満たすことができず、顧客が新しいスマートフォンを手に入れるために長く待つことを強いられ、今四半期の売上を下回ることを警告しています。

iPhoneの生産が新たなロックダウンに見舞われる

同社は日曜日に短い声明の中でこのニュースを確認した。企業が日曜日に声明を出すのは異例で、アップルはこれらの出来事が取引結果に影響し、開示しなければならないことを期待していることを示唆している。

このニュースは、中国鄭州のiPhone製造周辺で、さらに大規模なCOVID-19のロックダウンが発生したことを受けて発表されたものです。同工場の労働者は、監禁を嫌ってフェンスを飛び越え、その場から逃げ出す姿が目撃されています。中国は、この病気の蔓延を緩和するための活動を続けています。

COVID-19の制限により、中国鄭州市にあるiPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxの主要組立施設に一時的な影響が及んでいます。この施設は現在、大幅に生産能力を落として操業しています。COVID-19の流行期間中ずっとそうしてきたように、私たちはサプライチェーンで働く人々の健康と安全を優先しています。”

アップルには需要があるが、供給がない

また、iPhone 14 ProおよびPro Maxモデルに対する需要は引き続き旺盛であるという。

「しかし、現在、iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxの出荷台数は、以前の予想よりも減少する見込みであり、お客様は新製品を受け取るまでに長い待ち時間を経験することになります」と警告しています。

この工場を運営するAppleのパートナーであるFoxconnは先週、自社の第4四半期の見通しを下方修正し、工場のフル生産再開に向けて取り組んでいると述べた。同社はiPhoneの生産拠点に約20万人の従業員を抱えており、繁忙期である年末年始の生産を維持しようと、さらに人員を募集している。

問題の規模は、なんとか大きいものと小さいものの両方があります。

Bloombergによると、Appleは現在、iPhoneの生産台数が予想より300万台少なくなると予想している。これは非常に大きな数字です。しかし、同社が今期見込んでいた約87万台と比較すると、3%弱に相当する数字です。これは、会社の収入に多少の影響を与えますが、Appleはまだ数千万台のiPhoneを販売するつもりであることを意味し、今シーズン出荷できないものは、次の四半期に販売されます。

チェンジマネジメントの最たるもの

このような事態に見舞われながらも、Appleのチームはパンデミックの間中、素晴らしい管理をしてきました。iPadを中心としたいくつかの製品は、ここ数年の様々な時期に確かに影響を受けましたが、製品は通常より少し遅れることはあっても、出荷を続けています。

アップル社が最大の売上げを誇る製品について警告を発したことは、株主にとって重大な意味を持つに違いないが、需要の先送りは次の四半期の売上げを押し上げることになりそうだ。また、感染の規模や程度が過小評価されていた可能性を示唆していることから、あらゆる企業にとって重要なことだと考えるべきでしょう。

新たな警告は、ここ数年で私たちがどれほど進歩したかを示すものでもあります。中国は何世代にもわたって世界の工場であったが、パンデミックが世界のサプライチェーンに与えた影響は甚大であった。このため、アップルをはじめとする大手企業は、サプライチェーンの多様化に向けた取り組みを進めています。しかし、それを行うには時間がかかります。

サプライチェーンの回復力は新たな「ジャストインタイム」である

近年、グローバルな経済活動の基盤である繊維の繊細さが露呈しており、まさに時間との戦いです。サプライチェーンの多様化は、それを目指す企業だけでなく、世界の経済生産、そして私たちの日常生活を維持するためにも重要なことなのです。

アップルは、そのような多様化に向けて取り組んでいます。ここ数週間で、私たちは多数の新しいパートナーシップについて知ることができました。インドだけでなく、ベトナム、タイ、さらにはサウジアラビアにも生産拠点を大規模に拡大し、物流ハブの開設を計画している。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は最近、Appleが中国以外の地域での生産を多様化するために3年から5年の計画を持っていると説明しました。Appleはここ数年、インドでの地位を確立するために猛烈に努力しており、前四半期にはiPhoneがインドで記録的な売上を達成するなど、それが功を奏しているようです。

しかし、これらの計画の多くは発表されているものの、それを実行に移すには時間がかかるため、アップル最大のiPhone工場で問題が発生し、同社にリスクが残されています。将来的には、大手ブランドは複数の国にまたがる生産をマルチソース化する必要があり、サプライチェーン・マネジメントにさらなる複雑さをもたらすことはほぼ間違いないでしょう。

これはiPhoneに限ったことではなく、現在作られているほとんどのものがマルチソース化される必要があります。

世は移り変わる

これは一部の企業にとっては大きなチャンスですが、経済連鎖のあらゆる部分で同様に大きな問題(そしてさらなる価格高騰)を発生させることになるでしょう。この混乱にうまく対処してきたアップルが、今になってこの課題を発表しなければならないのは、世界中の物流・サプライチェーン関係者に対する新たな警告と見るべきでしょう。

ビジネスモデルや生産モデルの変化は避けられず、今日、社内のオペレーションを変革しない者は、明日にはそうせざるを得なくなるのです。ある吟遊詩人の言葉を借りれば、”あなたの古道は急速に老朽化している “ということです。

Twitterでフォローするか、MeWeのAppleHolic’s bar & grillとApple Discussionsのグループに参加してください。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました