スポットバーチャルワークプレイスのクリエイターが語る未来の働き方

ニュース

Spotの共同設立者であるGordon Hempton氏とWes Hather氏は「私たちは適切なテクノロジーはすでに存在しており、単にワークコンテキストで正しく活用されていないと考えています」と述べています。

MicrosoftのMeshやFacebookのHorizon Workroomsなどの新しいテクノロジーは、拡張現実が未来のハイブリッドワークプレイスの一部となる可能性を示唆しています。拡張現実/メタバースコミュニケーションプラットフォームSpotの共同設立者であるGordon Hempton氏とWes Hather氏に、彼らが考える未来の働き方を聞いてみました。

ほとんどの人は、最先端を行くことはないだろう

スポットのソリューションが重要なのは、明らかに新興のAR/VRの波をサーフィンするために構築されていますが、既存の技術を使用して今日動作することです。”私たちは、未来の仕事はテキストやビデオタイルに基づくものではないと固く信じています “と彼らは言いました。

創業者たちは、ARやVRが主流の技術になるのは最大10年後だと考えています。新しいワークプレイスで使われるツールは、”最小公倍数 “に応えなければならないと考えているのです。だから、Spotはウェブブラウザで動作する。

もちろん、その分母を定義するものも変わってきています。これからの仕事では、ますますMacが大きな位置を占めるようになりそうです。

Mシリーズプロセッサの導入は、ビジネスにおけるプラットフォームの地位を向上させました。「私たちの製品は、ウェブブラウザの内部で何が可能かという限界に挑戦しているので、これらのプロセッサの能力と、他のプロセッサとの違いを実感しています」とHempton氏は述べました。

“私はこの20年間、1〜2年ごとに定期的にPCをアップグレードしてきましたが、インテルからM1へのジャンプは、ムーアの法則をこれほど劇的に感じたのは初めてかもしれません。スピードに大きな差が出たのです。このような進歩は、仕事の未来を大きく前進させるものです」と語った。

スポットの活動内容

Spotは、チャットとビデオ会議の両方を提供し、企業が仕事を行うことができるデジタルオフィスを構築することができます。仕事場では、抽象化されたオフィス空間の中で、同僚とコミュニケーションを取りながら、視覚的に見つけることができるインタラクティブなオフィス空間を探検することができます。

使用方法は、仮想ブランドのオフィス内に配置された仮想アバターを使用します。チームメンバーは互いの姿を見ることができ、誰と誰が会っているのかを確認したり、近づいて会話をしたりすることができます。

私はこのプラットフォームを Teamflow や Walkabout に少し似ていると見ているが、Spot の創業者たちは、自分たちのソリューションはすでに完全な3Dで没入感があり、エンタープライズ級のコミュニケーションツールの豊富なセットを提供し、すでに Slack や Teams に慣れている人たちのために作られている、と反論している。Google、Apple、Uberなどの大手企業がすでに何らかの形でSpotを利用しているという。

そうかもしれません。未来学者であるBernard Marrは、バーチャルミーティング、3Dホログラフィックプレゼンテーション、展示会、さらにはデジタルツインを使用して顧客に製品を購入する前に試す機会を提供するなど、仕事の進化におけるARの大きな可能性を見出しています。

「多くの人々は、AR/VRなどの大げさな技術が登場してこれを変えてくれるのを待ち望んでいますが、私たちは、適切な技術がすでに今日存在し、単に仕事の文脈で正しく活用されていないと考えています」とHempton氏とHather氏は説明します。”若い世代はすでにゲームのような代替プラットフォームを通じて、有意義な方法で交流し、深いつながりを形成しています。”

コネクションの重要性

スポットの創業者たちは、ソーシャルリレーションシップの価値を信じており、そのようなつながりの感覚がなければ、信頼を築くことは難しく、エンゲージメントを育むことも難しくなると主張しています。

「アバターがあることで、より安心して会話に参加できるようになりました」とHempton氏。

最も成功している顧客は、これらのソリューションを常時使用する顧客であると、彼らは私に言いました。チームメンバーは一日中アプリケーションの中にいて、ミーティングや非同期のチームチャットなど、主要なコミュニケーション手段として使っています。

「デスクから顔を上げれば、同僚が仕事をしたりミーティングをしたりしているのが見えるのです。

どこに行くんだ?

未来の仕事は技術的な課題だけでなく、マネジメントスタイル の進化でもあります。管理職は遠隔地のチームを扱うために新しいアプローチを採用することを余儀なくされ、プレゼンティズムは明確に定義され、明示された目標を中心に構築された共感的なマネジメントに徐々に取って代わられつつあります。

「HemptonとHatherは、このような仮想環境を利用することで、管理職が「定例会議の内容をもっと意図的に考える」ようになるかもしれないと主張しています。

米国でAR/VR技術を利用する企業はアーリーアダプターになる傾向がありますが、Spotのリーダーたちは、韓国を中心とした、すでに最もデジタル化が進んでいるとされる国々で、より主流になってきていると教えてくれました。「これらの企業は、今後の方向性の最先端にいると考えています。

あなたの会社では、バーチャルコラボレーション環境を活用していますか?あなたの会社のビジネスマネージャーはハイブリッドで非同期のチームを成功に導くために必要なサポートを受けていますか?パンデミック以降、仕事の未来について何かわかったことはありますか?ぜひ教えてください。

TwitterやMastodonでフォローしたり、MeWeのAppleHolic’s bar & grillやApple Discussionsのグループに参加してみてください。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました