ティム・クックがコーディングスキルにこだわる理由

ニュース

デジタル・エブリシングの未来は、現在、プレッシャーと人手不足にさらされています。

AppleのCEOであるティム・クックは、すべての学校のすべての生徒がコンピュータサイエンスの授業を受けられるようにするために、州知事、政府、教育者を説得する大規模な取り組みに賛同しています。しかし、動いているのは慈善活動だけではありません。

ただ、スタッフが集まらない

需要と供給。理論的には、需要が増えれば、それに見合うだけの供給が生まれます。しかし、いつもそのようにうまくいくとは限りません。世界がデジタル化するにつれ、コーダーの必要性は世界が追いつくよりも早く高まっています。

コーディングスキルの需要は急速に高まっており、開発者はコードを使わずに構築できる設定可能なソリューションを設計する方法を模索し続けています(ノーコード – 実質的にAppleのショートカットがなりつつあるギャップを埋めるものです)。

なぜなら、コーディングの才能に対する需要は、国際的に増加し続けているからです。このニーズは、米国からシンガポール、そしてその間にあるすべての市場に関係しています。2030年までに、世界では約8,250万人のコーダーが不足すると予想されており、すでに87%の組織が必要なコーディングスタッフの確保に苦労しています。

しかし、一部の業界、特にデータ分析に関する業界は、大きな需要と急速な成長曲線を描く一方で、十分な人員を確保することに必死になっています。AIの重要性が高まる中、データ分析のスキル不足は、すでに多くの企業に重大な影響を及ぼしています。米国労働統計局は、2026年までに米国内のエンジニア不足が120万人を超えると指摘しています。

私たちが言いたいのは、コードにチャンスを与えるということです。

500人以上の企業、教育機関、非営利団体のリーダーが、「すべての学校のすべての生徒にコンピュータサイエンスを学ぶ機会を」という訴えに署名したのはそのためです。クックを含む署名者たち(そして数多くのAppleの盟友や競合他社も)は、次世代のコーダーに投資しなければならないことを理解しています。

コンピュータサイエンス教育は一般に普及していないため、多くの生徒が学ぶ機会を得られないと警告しています。そのため、米国の高校生のわずか5%しかコンピュータサイエンスを学んでおらず、一部のコミュニティ、特に若い女性や有色人種の生徒が取り残されているのです。

もちろん、従業員もそれを知っています。そして、すべての人がその才能を持っているわけではありませんが、大辞職の副次的な影響として、コーディング講座に参加する社員が増加しています。彼らは将来、より多くの現金を得て、よりリモートで働きたいと考えていることはほぼ間違いないだろう。ワークフォース技術教育プラットフォームPluralsightは、同社が提供する最も人気のある4つのコースがコーディングに関するものであることを指摘している。AIやクラウドサービスに関するコースも人気がある。同時に、パンデミックは、出現する未来の仕事をサポートするためのデジタルテクノロジーへの大きな投資を促し、人材不足をさらに悪化させている。

Appleはコーディング検索の拡張が可能だが、誰もができるわけではない

Appleは、私たちがより多くのコーディングの才能を育成する必要があると考えていることを公言しています。米国では手に入らない人材を調達できるよう、世界各地に新しい開発ハブを建設し、今も建設中です。

小売店でのコーディングワークショップの開催や、将来の人材育成を目的としたアカデミックコースの開発などを行っています。Swift Playgroundsは、ただ楽しく使うだけでなく、若い人たちにコーディングの本質を教えることを目的としており、将来の才能を育てるために活動しています。

クパチーノが今日作ったコーダーが、明日iPhoneのコーディングをするとは限りませんし、特にそのスキルの需要が高い場合はなおさらです。また、ニーズと不足が相まって、50%以上の企業が、その仕事に必要なスキルをすべて備えていない技術者を雇用していることも事実である。

経済への挑戦

しかし、この問題の大きさは、経済成長と生産性に対する大きな挑戦であり、人材確保のために国境を越えた争奪戦が繰り広げられているのです。

米国では、高スキル移民のほぼ3分の2がコンピュータサイエンティストのためのものです。米国だけで、70万以上のオープンコンピューティングの仕事がありますが、コンピュータサイエンスの卒業生は毎年8万人しか育っていません。デジタル化が進むにつれ、こうしたスキルに対する需要はますます高まっていくでしょう。この需要は、既存の従業員にも大きなプレッシャーを与えています。そのため、約70%が今後1年間に転職する予定であると主張する人もいます。CodeSubmitのデータによると、フルタイムの開発者を特定し採用するためには、最大で35,685ドルのコストがかかるとされています。

スタッフの入れ替わりは、コスト増になるだけでなく、既存の従業員へのプレッシャーや、プロジェクト計画や全体的な生産性へのダメージも増大します。

このようなことを考えると、クックや米国内の大企業がこのように緊急にコードを呼びかけることは、ほとんど驚くにはあたらない。彼らの目を見張るようなボーナスは、おそらくそれにかかっているのだろう。

Twitterでフォローするか、MeWeのAppleHolic’s bar & grillとApple Discussionsのグループに参加してください。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました