メタ社、今週中に数千人規模の人員削減を実施と報じられる

ニュース

パンデミック時に全世界の従業員が70%近く増加したメタ社ですが、財務見通しがますます悪くなり、雇用が失われようとしていると伝えられています。

Wall Street Journalの報道によると、Facebook、Instagram、WhatsAppの親会社であるMetaは、数千人の人員削減を準備しているとのことです。

このニュースは、FacebookとInstagramの低調な業績により、Metaの市場価値から800億ドルが消え、同社の株価が年初の3分の1以下にまで下落したわずか数週間後に発表されました。

Wall Street Journalが報じた人員削減は水曜日に発表される見込みで、WSJが事情に詳しいとして引用した関係者によると、Metaの全世界の従業員8万7000人のうち「何千人」かに影響が及ぶという。

メタ社の2022年第3四半期の業績不振は、2四半期連続の減収を意味する。第3四半期の売上高は前年同期比4%減の277億1000万ドル、純利益は52%減の44億ドルだった。

同社の最大の損失のいくつかは、メタバースの開発を担当するReality Labsが記録したもので、その収益は前年比でほぼ半分に落ち込んだ。第3四半期だけで、同部門は37億ドルの収益損失を出し、年間の損失総額は94億ドルに達し、Metaはこの損失が2023年には「前年比で大幅に増加する」と予想している。

2022年夏、世界的な景気後退に伴い、オラクル、グーグル、マイクロソフト、アップルなど多くのハイテク企業が、支出削減と財務見通しの安定化を図るため、雇用凍結を発表しました。

また、Meta社が第2四半期決算を発表する1ヶ月前に行われた社員との電話会議で、Mark Zuckerberg CEOが「現実的には、この会社にはいるべきでない人がたくさんいるだろう」と述べ、事業の縮小を模索することを示唆したとも伝えられています。

Metaはこの報道についてコメントを避け、代わりにZuckerburgが同社の第3四半期決算発表後に投資家向けに行ったコメントを紹介した。「2023年、我々は少数の優先度の高い成長分野に投資を集中させるつもりだ。”つまり、いくつかのチームは有意義に成長するが、他のほとんどのチームは来年にかけて横ばいか縮小するということだ”。

また、「全体として」2023年末には、現在とほぼ同じ規模か、あるいは若干の縮小を見込んでいるという。

人員削減は往々にして “安易な選択”

The Compliance Search Group と Wecruiter.io の創業者兼 CEO である Jack Kelly 氏は、8 月に雇用情勢について Computerworld に語った際に、企業が不況を緩和するための措置を取る必要がある場合、労働力のコスト削減が容易に実行されることが多いと述べています。

「悲しいことに、企業は常に、働く人々のコストを削減しようとするものです。CEOが取締役会で『みんな、大幅なコストカットをしよう』と言うことはないんです。ということはない。

Twitterの新オーナーであるイーロン・マスク氏が、就任後1週間でソーシャルメディアプラットフォームの従業員のほぼ半数を解雇した直後に、メタ社の人員削減が予想されます。

11月4日(金)、一部のスタッフがTwitterに、気がついたらノートパソコンから締め出され、同社のGmailやSlackへのアクセス権が剥奪されたと投稿しました。元スタッフによると、マスク氏の削減によって最も影響を受けたチームは、製品の信頼性と安全性、ポリシー、コミュニケーション、ツイートキュレーション、倫理的AI、データサイエンス、リサーチ、機械学習、ソーシャルグッド、アクセシビリティ、一部のコアエンジニアリングチームなどです。

マスク氏は、消費者向け製品のエンジニアリング担当副社長を含む多くの会社の幹部と並んで、Twitterの幹部も解雇した。彼はツイートで人員削減を正当化した。”Twitterの人員削減についてですが、残念ながら会社が400万ドル/日以上の損失を出している以上、選択の余地はありません。”その後、このツイートは削除されている。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました