モスタイルは、iPhoneとiPadのエンドポイントセキュリティの新オプションを提供します。

ニュース

Mosyle Hardening and Complianceは、従業員のデバイスが保護され、コンプライアンスに準拠し、最新のサイバーセキュリティベンチマークに沿ったものであることを保証します。

Mosyleは、iPhoneとiPadのセキュリティ保護を強化し、Appleの企業進出にさらに拍車をかけています。

iPhoneとiPadのためのハードニングとコンプライアンスオプション

同社は、Appleのモバイルデバイスを管理するIT管理者向けに、同社初のエンドポイントセキュリティソリューションを発表しました。この製品「Mosyle Hardening and Compliance」は、従業員のデバイスが保護され、コンプライアンスに準拠し、最新のサイバーセキュリティ・ベンチマークに従っていることを確認するものです。

Mosyleの創設者兼CEOであるAlcyr Araujoは、「過去数年間で、MosyleはAppleデバイス管理の枠を超え、革新的なエンドポイントセキュリティソリューションを我々のプラットフォームに融合させてきました」と述べています。

拡大を続けるアップルの成長

アップル社は、企業向け市場での地位を拡大しているため、ハッカーたちの間では、金儲けのために同社のセキュリティ・モデルを弱体化させることに新たな関心を呼んでいます。先週、アップルは今年9つ目のiPhoneに対するゼロデイ脆弱性を特定し、それに対する防御策を講じたばかりです。

Araujo氏は、企業によるAppleの採用は急速に拡大していると考えています。彼は最近、次のように説明しています。”企業のお客様は、私たちが今移行時代の初期にいるだけだと思わせるような方法で、Appleのフリートを拡大し続けています。”

アップルの成長を牽引するトレンドは数多くあります。ITのコンシューマライゼーション、従業員の選択、アップルのセキュリティに対する評価、製品の信頼性、ランニングコストの低減などです。興味深いことに、アップルは最近、前四半期に販売したMacの半分以上が、このプラットフォームを初めて使う人たちによるものだと公表しており、アップルのルネッサンスの深さをさらに示唆しています。

モスタイルはこれを裏付けるために、自社の2022年調査を引用し、従業員の81%が職場でiPhoneを、65%がiPad端末を業務に活用していることを指摘する。このソリューションは、同社が1億9600万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを経て5月に発表した「Moysle Fuse」パッケージの一部である。

大企業は、従業員の好みに耳を傾け、アップルやアップル専門のエンドポイントソフトウェアプロバイダーが提供する高度なエンタープライズツールを知った上で、PCをMacにリフレッシュし始めており、これは今後数年間続くと思われます」と述べています。最終的には、Macがエンタープライズ分野のリーダーになるでしょう」とアラウージョは述べています。

エンドポイントの保護

リモートワークの進展により、エンドポイントを保護する必要性が明らかになりました。従来の境界線のセキュリティ保護から外れると、自宅で仕事をするために使用しているiPhone、iPad、Macは脆弱になります。パンデミック時には、自宅のWi-Fiパスワードが適切に保護されていないことが示されましたが、これが変化したことを願っています。

Passkeysなどのツールや、Declarative Device ManagementやManaged Device Attestationなどの新しいApple APIはすべて、エンドポイントの脆弱性を軽減する必要性を理解している証拠と見なされるはずです。

Mosyle Hardening and Complianceが行うこと

Mosyle Hardening and Complianceのセキュリティ機能には、以下のようなものがあります。

セキュリティ、特にエンドポイントセキュリティは、Appleにとってデバイス管理ソリューションの非常に大きな差別化要因であり続けるようです。すでに業界では、3つの主要なアプローチに分かれているようです。

Appleが新しいワークプレイスの支配的なプラットフォームになるにつれ、より多くのイノベーションとより多くの買収が行われることが予測されるほど、このスペースは活気に満ちています。

MastodonやTwitterでフォローしたり、MeWeのAppleHolic’s bar & grillやApple Discussionsのグループに参加してみてください。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました