企業幹部はサステナビリティの目標に自信を持ち、さらなる作業の必要性を認める

ニュース

ほとんどの企業は、温室効果ガス削減の短期目標を達成し、一部の企業は循環型経済プロジェクトを進めています。しかし、ネットゼロエミッションを達成するためには、サプライヤー、顧客、そして企業の専門チームすべてが必要となります。

ハネウェル・インターナショナルが最近実施したグローバルな調査によると、経営者の約10人に6人が、今後1年間で企業の持続可能性目標を達成できると考えていることがわかりました。しかし、既存のシステムをより新しい、より効率的な、またはより持続可能な技術にアップグレードまたは交換するなど、主に技術主導の変化を通じてそれを実現できると考えているのは約16%にすぎません。

調査対象となった600人のビジネスリーダーの大多数(62%)は、主に業務プロセスやビジネス行動の修正・廃止によって短期目標を達成できると考えています。

近年、二酸化炭素排出量の削減を目指す企業にとって、サステナビリティはますます注目される課題となっています。今、変化を起こすことで、後に大きな投資対効果を得ることができ、エネルギーや材料への支出を抑え、天候による大災害に対するインフラの回復力を高めることができるという考え方です。

また、サステナビリティへの取り組みを成功させるためには、サプライヤーや顧客とのパートナーシップを構築し、ビジネスコンソーシアムで既存の材料や製品をできるだけ長く再生・リサイクルする循環型経済を実現することが必要です。

このような背景から、ハネウェルは最近、気候変動の緩和と持続可能性の強化に向けたグローバルな取り組みに関する主要トレンドを追跡するため、四半期ごとの環境サステナビリティ指標を開始しました。

ハネウェル社のために調査を実施したFuturum Research社のプリンシパル・アナリストで設立パートナーのダニエル・ニューマンは、「今後10年間で、政策だけでなく、世界の主要企業による持続可能な実践の重要性を示すための投資が増加し、世界中の消費者や投資家、企業の役員からの義務付けとなって、さらに優先されるものと思われます」と述べています。

2030年までの長期的な目標について尋ねたところ、ビジネスリーダーは成功に対してあまり楽観的ではありませんでした。2030年のサステナビリティ目標の達成について極めて楽観的な企業は全体の40%未満で、エネルギーの進化と効率化に関する2030年の目標達成について極めて悲観的な企業は24%でした。

家庭用および商業ビルの冷暖房技術を販売するハネウェルは、2021年4月、省エネプロジェクトと再生可能エネルギーへの転換を組み合わせて、2035年までに事業と施設においてカーボンニュートラルになることを約束した。同社は、事業所や保有車両の設備改善プロジェクトを計画し、必要に応じて炭素クレジットを使用する予定です。

最初のサステナビリティ・インデックスは、サステナビリティに関わる経営者の回答に基づいています。それによると、90%がエネルギーの進化と効率化、排出量の削減、汚染防止、循環型社会/リサイクルに焦点を当てた取り組みについて、概ね楽観的であることがわかりました。

ハーバード・ビジネス・レビューによると、上場している大手企業2,000社のうち700社以上が何らかのネット・ゼロの約束をしているとのことです。S&P500種株価指数の3分の2が排出量削減目標を掲げ、フィナンシャルタイムズ証券取引所100種株価指数のうち60社が2050年までに排出量をゼロにすることを約束している。

(ネットゼロとは、大気中に排出される温室効果ガスと排出される温室効果ガスの収支を合わせることです)。

サステナビリティの問題は、しばらく前から湧き上がっています。世界的な戦略コンサルティング会社であるL.E.K.コンサルティングが7月に400人の上級意思決定者を対象に行った調査では、回答者の28%が幅広い分野の年間売上高100億ドル以上の企業に所属していることがわかりました。

L.E.K.コンサルティングの調査によると、半数以上(51%)が、長期的なサステナビリティの目標を達成するために、短期的な財務パフォーマンスをトレードオフしてもよいと回答しています。しかし、58%は、そのトレードオフのあり方について、組織の意見がまとまらないと回答しています。

マッキンゼーグローバル研究所のパートナーであるメカラ・クリシュナンは、何千もの企業が温室効果ガス(GHG)排出量の正味ゼロの削減目標を設定していると述べています。目標は恣意的に決められることもありますが、「科学的根拠がある」とされるものは、2016年のパリ協定の目標を達成するために最新の気候科学が必要とみなすものと一致しています。この協定は、世界の平均気温の上昇を産業革命前の水準から1.5℃に制限することを目的としています。

2050年のネットゼロ目標を達成するために、政府と企業は275兆ドルを費やす必要があります。各国の中央銀行と監督機関のコンソーシアムであるNetwork for Greening the Financial Systemによると、この場合、支出は現在の年間約5兆7千億ドルから9兆2千億ドルに増加する必要があるとのことです。

クリシュナンは、現在実施されている政策が、政治的な反発や不安によって抑制されることなく実行されれば、必要な設備投資の増加は毎年1兆円程度で済むと述べている。

例えば、米国は 2050 年までにネットゼロを達成し、2030 年までに排出量を半減させるという目標を発表しています。例えば、米国議会は、持続可能な実践と米国のエネルギー分野における新たな機会を通じて長期的な価値を創造することを目指し、8月にインフレ抑制法(IRA)を可決しました。また、3月には米国証券取引委員会が、企業に排出量や重大なリスクの報告だけでなく、気候関連問題に対処するための計画も示すよう求める規則を提案した、とクリシュナンは指摘する。

シスコのサステイナビリティへの取り組み

シスコの新しいチーフ・サステナビリティ・オフィサーであるメアリー・デ・ワイソッキは、「私たちがネットゼロという言葉を使うときは、科学的根拠に基づく目標設定基準を用いており、私たちの約束年である2040年までに90%の絶対量を削減するという意味です」と述べています。

シスコが温室効果ガス排出量の報告を始めたのは2005年。2008年には、それらの排出量を削減するために5年間のコミットメントを開始し、一般的に4年以内にその中間目標を達成したとWysockiは述べています。2018年、シスコは循環型経済プロジェクトチームを発表し、その取り組みについて毎年報告している。

2019年、シスコはバージン・プラスチックの使用量を20%削減することも約束しました。そして先月、その目標を2030年までに自社製品に再生プラスチックを50%使用することに引き上げました

最近では、2021年のシスコが、2040年までにネットゼロの目標を達成することを約束したと言っています。

汚染物質削減の目標を達成する鍵は、循環経済専門チーム、エネルギー管理チーム、環境・社会・ガバナンス(ESG)報告チームを持つことでした。

「ワイソッキーは、「2040年のネット・ゼロの約束は、すべてのスコープにおいて野心的であると言えるでしょう。「つまり、私たちの建物、自動車、そしてお客様が使用する製品に起因する排出物のエネルギーは、約73%から75%になります。残りの23〜25%は、パートナーやサプライヤーから排出されるもので、私たちがどのように炭素を埋め込むかによるものです。

Wysocki氏によると、シスコは2040年の目標のために2019年を基準年とし、成長目標の割合、顧客のうち何人が自然エネルギーを採用するか、製品の何パーセントが時間とともにエネルギー効率を向上させるかなど、12の異なるシナリオを用いて仮定を立てたという。

“それから、もちろん、送電網のグリーン化です。「公共事業が低炭素経済について考えるのを助けるにはどうしたらいいのでしょうか?

ワイソッキーは、会社の目標を達成するためには、シスコのパートナーや顧客が、その製品やサービスがサステナビリティに与える影響を理解できるようにすることが重要であると述べています。

「CIOとの会話で興味深いのは、この点です。「彼らは、コスト削減や帯域幅、製品の安全性を見るのは得意です。しかし、その製品をどのようにエネルギー効率と結びつけるかは、必ずしもわかっていません。だから、持続可能なデータセンターということになると、そこに新たな焦点が当てられるのです。

また、意思決定者に情報を提供することも、ネット・ゼロの目標を達成するための重要なポイントです。そこで役立つのがESG管理ソフトウェアです。データの収集と分析のプロセスを自動化し、時間の節約とエラーの低減を可能にします。(データは、ユーザーのデバイス、接続されたシステム、センサー、デバイス、および追跡対象分野で役割を果たすその他のコンポーネントから収集され、収集後はダッシュボードやレポートで利用できるようになります。

必要なのはお金だけではありません

パリ協定で設定された科学的根拠に基づく温室効果ガス目標を達成するために必要な支出の増加には、さらなる複雑さが隠されている。

「一つは、現在使っている化石燃料による発電のような高排出技術から、再生可能エネルギーのような低排出技術に、大規模な資本の再配分が必要なことです」とクリシュナンは述べています。「2026年から2030年にかけて、現在のGDPの6.8%から約9%に上昇し、その後低下する必要があるのです」。

ハネウェルが調査した組織の約97%が、少なくとも1つのサステナビリティ・カテゴリーにおいて年間支出を増やすことを計画しており、約4分の3が4つのカテゴリーすべてにおいてそれを計画しています。

クリシュナンは、「目標を短期的な行動計画に変換し、企業がこれらの計画に対して実証可能な進歩を遂げていることを確認することが重要である」と述べている。「まだ目標を設定し、ネット・ゼロへの道筋をつけていない企業は、利害関係者の期待に応えるため、遅れを取り戻す必要があるでしょう」。

クリシュナンによれば、企業はネット・ゼロの目標を達成することの利点を理解していない場合が多い。

サステナビリティの目標達成に向けた取り組みは、大きく分けて、持続可能なエネルギーや水を含むグリーン資源調達、ITバリューチェーンやサプライチェーンなど温室効果ガス全体の40%を占めるスコープ3の排出源を含む業務効率、循環経済や製品をリサイクルして新しいものを生み出すエンドオブライフサイクルなどの分野に分類されます。

例えば、データセンターとクラウド業界は、電力使用量を削減するための運用効率化だけでなく、(データセンターの電力供給に多くのエネルギーを使用するため)グリーンエネルギーの調達に注力する傾向があると、Forrester Research社のシニアアナリスト、アビジット・スニル氏は述べています。

「規格は確実に進化しており、より多くの組織がそのコミットメントとそれに対する行動に対して責任を負っている」とSunilは述べた。

例えば、政府の監視の目が厳しくなり、”グリーンウォッシャー “の責任がより一層問われるようになるだろうとスニルは指摘する。グリーンウォッシャーとは、自社の製品、目的、方針が環境にやさしいと偽って宣伝する企業のこと。

また、ほとんどの業界リーダーが、景気変動がサステナビリティ計画に大きな影響を与えることはないと回答しており、「サステナビリティ投資は組織の戦略的優先事項である」ことを意味しているとSunilは述べている。

攻める」時間

マッキンゼーのクリシュナンによれば、企業のリーダーが取るべき行動は他にもいろいろあるという。

まず、持続可能な価値創造戦略によって「攻める」ことが必要です。その際、最も重要なのは、コアビジネスの拡張と脱炭素化、そしてバリューチェーンの再構築による新たなサステナブルビジネスの構築という2つの目標であろう。

「リーダーたちは、気候変動対策技術に素早く対応し、イノベーションのエコシステムと連携し、エンジニアリングとビジネス構築の才能を活用することで、この瞬間に飛躍的に進歩する必要があります」とクリシュナンは述べています。

第二に、企業経営者は生物多様性の分野で先手を打つことができます。共有の水と空気資源の管理、責任あるサプライチェーンの確保、公正な移行への貢献など、さまざまなステップが含まれます。

3つ目は、気候変動がもたらす気象現象の強大化に対応するためのレジリエンス(回復力)の確保です。

“最後に、企業が持続可能な未来を受け入れるにあたり、新たなスキルを培う必要があり、リーダーシップチーム、取締役会、そして現場の従業員の再教育を積極的に行うべきである。”企業は、より持続可能なビジネスモデルに必要なスキルを特定し、その習得と社内での構築に取り組む必要があります。”

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました