Addigyにより、IT部門はAppleデバイスの設定ポリシーを自動化することができます。

ニュース

Appleの企業内エコシステムは、現実のビジネス統合の問題に対する解答を生み出し続けています。

アップルデバイス管理会社のAddigyがFlex Policiesという新しいツールを発表したのだ。

ポリシーの遠隔化・自動化・簡便化

このツールは、企業のIT部門がAppleのデバイス群にポリシーを適用することを、より簡単にするために設計されています。デバイスレベルでポリシーを適用しようとすると、IT部門はそれを手作業で行わなければならない傾向がある。iOS 16、iPadOS 16、そしてmacOS Venturaでは、これがより簡単になりそうですが、ITにとって時間のかかる課題であることに変わりはありません。

アディジーは、Flexによって、新規または既存のデバイスにAppleのデバイスポリシーを手動で割り当てるという面倒な作業がなくなり、IT管理者の時間を節約できると説明しています。

アディジーが語ること

「AddigyのFlex Policiesは、Appleデバイスを管理するIT管理者だけでなく、業界にとっても画期的なものです」と、AddigyのCEO、Jason Dettbarnは声明の中で述べています。「ITチームがアップルデバイスを簡単に導入できるようにすることで、職場におけるアップルデバイスのイメージを払拭することができるのです。現実には、職場におけるAppleの使用は今後数年間で増加すると予想されており、IT管理者やMSPがこれらのデバイスを管理するのを支援することは、企業としてできることであり、すべての人にとっての利益となります」。

AddigyのFlexは、IT管理者がデバイスに適用できるポリシー指示を設定できるようにするものです。この指示は、さまざまな条件に応じてデバイスの属性を設定するために使用され、その後自動的に割り当てられるため、デバイスが状況に応じた適切なポリシーを満たしていることを保証します。

1つのデバイスを複数のポリシーに同時に割り当てることができるため、基本的にはデバイスを取り巻く状況の変化に応じて、企業がリモートで変更を適用できる点が優れています。

マネージメントが設定可能

IT管理者は、グループまたは個々のマシンを除外することもできます。これにより、重要なシステムアップデートをインテリジェントにインストールすることが可能になります。つまり、重要なシステムアップデートをすべてのチームの全員にプッシュしつつ、その時点でビジネスクリティカルな状況で使用されていることがわかっているマシンを除外することができるのです。CEOは、重要な投資家会議でデータを提示するためにiPhoneを使用しているときにアップデートを実行しても、感謝されることはないでしょう。

Addigy氏は、FlexはIT部門にデバイスの監視とリモート修復を自動化する能力を提供すると説明した。例えば、FileVaultが無効になっているデバイスを特定し、その機能を有効にしてデータを保護するようなFlex Policyを構築することができる。

また、このツールを使って、ユーザーグループベースのポリシーの割り当て、高度な条件付きソフトウェアの導入、ポリシーに基づくすべてのデバイスへの項目の割り当て、カスタムレポートの作成、デバイスの小規模テストグループの作成、設定の移行を行うことが可能です。また、このツールは、同社の他のソリューションとも連携しています。

アディジーは最近、成長株投資会社PSGから投資を受けました。これは、Mac、iPhone、iPadの企業への導入が加速する中、Appleのエコシステムの一部であるこの分野に、継続的な機会が生まれていることを反映した投資です。

企業におけるアップルはエキサイティングな空間

過去2年間で、職場におけるMacラップトップの使用は63%急増し、ITチームの半数以上が社内でApple製デバイスの需要が高まっていることを指摘しています。

Apple が企業市場の重要性の高まりを理解していることは明らかです。最近、英国最大の企業の1つであるOpenreachに3万台ものiPhoneが導入されました。また、中小企業に特化したApple Business Essentials製品の改善や、拡大するMDMベンダー市場に提供するAPIの強化も継続して行っています。

また、最近T-Mobileと提携し、T-Mobileが米国の中小企業にBusiness Essentialsを提供できるようになりました。

これからが本番だ。9月7日にAppleが新しいiPhoneなどを発表するだけでなく、9月27日にはAppleの管理者にとって世界最大のイベント、Jamf Nation User Conference(JNUC)があり、きっと面白い発表があるはずです。

アップルの企業向け成長ストーリーが続き、市場が拡大し、同社が今後数年で最大のベンダーになる可能性が高いことは、誰の心にも間違いないはずです。

Twitterでフォローするか、MeWeのAppleHolic’s bar & grillとApple Discussionsのグループに参加してください。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました