Apple、iPhoneの衛星経由のSOSに4.5億ドルを投じる

ニュース

同社は、Advanced Manufacturing Fundからの資金を、iPhoneへの衛星経由の緊急SOSの展開に役立てる予定です。

Appleは、Advanced Manufacturing Fundから4億5000万ドルを投じて、オフグリッドのバックパッカーが携帯電話の圏外でも助けを求められるようにするためのインフラを開発すると発表しています。

それだけなのか?

AppleのiPhone 14は、同社初の衛星携帯電話です。またはより正確になるために, それは1になるためのステップです.あなたはそれで呼び出しを行うことはできません, しかし、あなたはすぐに米国とカナダから緊急サービスにメッセージを送信するために衛星接続を使用することができるようになります.これは命の恩人かもしれませんね。

Appleは、今後2年間は衛星を使った緊急SOSを無料サービスとして提供するとしていましたが、本日のリリースで今月中に開始されることが確認されました。

声明の中で, AppleはそれがiPhone 14デバイスのための衛星を介して緊急SOSが必要とする重要なインフラを配置するのに役立つ4.5億ドルを費やしていると述べた.つまり、この資金の少なくとも一部は、衛星通信のパートナーであるGlobalstar社のインフラの改善と拡張に費やされていることになる。

本日の発表では、特にアラスカ、フロリダ、ハワイ、ネバダ、プエルトリコ、テキサスのグローバルスターの既存米国地上局への投資が挙げられています。Appleはまた、300人以上のGlobalstarの従業員が現在この新サービスをサポートしていると述べている。

同社がオフグリッドのバックパッカー向けサービスに数百万ドルを投資するという考えは、少し突飛に思えます。ですから、AppleとGlobalstarが衛星接続とApple製品に関するより大きな計画を持っていることは明らかです。そうでなければならないのです。両社の契約条項では、Appleはこのサービスに関連する資本コストの95%を支払うことに同意しており、Globalstarは2025年末までにさらに多くの衛星を打ち上げる意向です。

アップルは何を手に入れたのか?

アップルは、9月に行われたiPhone 14の発表イベントで、グローバルスターとの提携を発表しました。私はその取引に関する様々な規制文書に目を通し、いくつかの時間を費やした.当時, アップルは、サービスが11月に米国とカナダで起動すると約束, おそらく次の主要なiOSのポイントアップグレードで.出願書類は、次のことを明らかにするようです。

最後のフロンティア

グローバルスターは、「我々の地上波の権限により、将来のパートナーは、セルラーネットワークの高密度化だけでなく、プライベートネットワークのためのTD-LTEや5Gプロトコルを用いた高密度専用ネットワークを開発できると期待しています」と述べています。

衛星が大衆向け通信をサポートできるようになるには、しばらく時間がかかると思われます。今のところ、この技術は比較的低帯域で需要の少ないタスクにしか適していません。もし地球上のすべての人が衛星電話を持っていたら、これらのシステムは崩壊してしまうでしょう。そのため、Appleの緊急SOSのインターフェースは、救援を要請するために送信できる少数の事前作成されたメッセージで構成されています。

しかし、Apple社がiPhoneに搭載しているn53は、もともとGlobalstar社が提唱していた規格であることは注目に値する。このことは、今後の広帯域通信技術の確立と関連性があるかもしれない。

とはいえ、衛星が携帯電話サービスに取って代わる準備ができているというコンセンサスはまだ得られていないと思います。

次に来るのは?

「Appleのインフラ投資により、カリフォルニア州やその他の地域で地上局の建設、拡張、アップグレードを行うチームが成長し、グローバルスターの人命救助技術の次の章を楽しみにしています」と、グローバルスターの執行会長Jay Monroeは述べています。

緊急メッセージの他にも、AppleとGlobalstarの契約はIoTの展開に関連性があると私は考えています。この衛星会社は、すでにシアトル港で Nokia が展開した接続インフラをサポートしており、Apple がメッシュネットワークと測位に関するアイデアをすでに試していることは、特に難しいことではありません – FindMy、AirTags、UWB はすべてそれに関するものです。

特に、Appleがコネクティッド製品のデザインに基づいた勝利のソリューションを生み出す他の方法を模索している間は、これらのスペースがすべて収束していくと見ることは難しくありませんし、そうする必要があるでしょう。同社はこの組み合わせについて明確に述べており、最新のリリースでは、携帯電話やWi-Fiの圏外にいるiPhoneユーザーが「Find My」アプリを起動し、新サービスを使って衛星経由で自分の位置を共有できるようになることを指摘しています。

この技術は、グローバルなApple TVのサービスをサポートするだけでなく、何らかの接続されたデバイスの位置情報や緊急サービスのトラッキングをしっかりと提供することも可能です。

Appleの今日の声明は、同社がおそらく2025年前後に導入することを念頭に置いている衛星サポートソリューションをサポートするための基盤技術を整備するため、製品提供に関する作業がこれから強化されることを示唆しています。

AppleのAdvanced Manufacturing Fund

AppleのAdvanced Manufacturing Fundは、2017年に創設された。それ以来、コーニングにiPhoneのガラスで4億5000万ドル、FinisarにFaceIDの部品で3億9000万ドル、XPO Logisticsに1億ドル、Copan DiagnosticsにCOVID-19テストキットの部品で1000万ドルを支払っている。

Twitterでフォローするか、MeWeのAppleHolic’s bar & grillとApple Discussionsのグループに参加してください。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました