Googleの従業員評価システムの変更がレイオフの懸念をかき立てる

ニュース

Googleは、Google Reviews and Development (GRAD)制度は従業員の成長を助けるために導入されたと主張しているが、従業員の評価方法に関する詳細な情報を得たとする報道があり、同社で大規模なレイオフが行われるとの予測に拍車をかけている。

ここ数ヶ月、マクロ経済の逆風を受け、いくつかの大手テクノロジー企業がレイオフを発表した後、今週はグーグルが少なくとも1万人を削減すると予測するニュースが報道され、注目を集めている。

この予測は、今年初めに開始されたGoogleレビューと開発(GRAD)プログラムでは、管理職は、旧来の業績評価プロセスでは2%だったのに対し、少なくとも6%の従業員にローパフォーマー評価を割り当てるように言われている、というInformationの報告に基づいています。

業界関係者の中には、今回報じられた業績不振者のランクアップの動きは、その従業員の解雇を予感させるものだと予測する人もいる。

グーグルの9月期末の正社員数は186,779人で、前年同期比24.5%増となった。現在のグーグルの従業員数の6%は、約11,000人となる。

Googleはレイオフを発表しておらず、Informationの報告の詳細についてはコメントを拒否している。ただし、同社は、GRADは従業員の能力開発を支援するために立ち上げられたと主張している。

“今年初め、我々は、年間を通じて従業員の開発、コーチング、学習、キャリアアップを支援するためにGoogler Reviews and Development(GRAD)を開始しました。この新しいシステムは、明確な期待を確立し、従業員に定期的なフィードバックを提供するのに役立ちます “と、Googleの声明によると、。

GRADは、年2回行われる長時間の高齢者審査に47%近い社員が反対票を投じたことを受け、CEOのSundar Pichaiが5月に発表したものです。

匿名を条件に関係者が語ったところによると、GRADでは、低い業績評価や「著しい影響」以下の評価を下す前に、上司は「支援チェックイン」会議を開くことが期待されているという。

関係者によると、この会議は、従業員が目標達成のために仕事を調整する機会を提供するもので、5段階評価で「大きな影響」以上または同等以上の評価を受けることが大多数であると予想されるという。

しかし、CNBCの報道によると、同社が営業費用の削減を検討している時期に、この制度による評価が行われるため、同社の従業員は新しい業績評価プロセスに対して不安を感じているとのことだ。すでに一部の従業員には、低い業績評価が出始めているという。

Googlerは7月、まず雇用凍結を発表し、その後Simplicity Sprintと呼ばれるスタッフの効率性と生産性を高めるプログラムを発表し、悪い知らせを受けました。このプログラムを発表したとき、CEOのSundar Pichai氏は、マクロ経済の不確実性を示唆しただけでなく、会社の生産性は、従業員数から見て、あるべき姿にはほど遠いとも述べていたのです。

この変更は、Googleの親会社であるAlphabetが、過去2四半期連続して予想を下回る収益を計上したことを受けて発表されました。

グーグルの収益成長率が鈍化

その後、9月に終了した第3四半期も、全体的な収益の伸びは鈍化し、再び予想を下回る数字となった。Google Cloudの売上は前年同期比38%増の69億ドルとなり、同社を大いに支えたが、広告収入の低迷により、全体の売上成長率は6%に鈍化した。

さらに、経営トップがアナリストとの決算説明会で、当四半期の営業費用の大半を人員増が占めたと述べました。 同社は9月期の四半期に合計12,765人を増員しており、この中にはクラウド部門に加わったマンディアントの従業員2,600人が含まれている。

同社は、12月までの四半期について、第3四半期の採用数を下回る水準に減速し、技術系の優秀な人材に焦点をあてた重要な職務のみを追加する見込みであると述べています。

一方、メタ、アマゾン、マイクロソフト、セールスフォース、オラクルによるレイオフは、従業員の信頼感を高めるものではなさそうだ。

Forrester社の主席アナリストであるJP Gownder氏は、インフレや景気後退懸念などのマクロ経済状況による収益の伸び悩みに直面し、まだ人員削減を行っていない大手テクノロジー企業が、人員削減を検討していると述べています。「彼らは2023年の成功のために財務を整えたいと考えている」とガウンダーは述べています。

最終的に、Googleがレイオフを実施する場合、GRADシステムは、少なくとも人員削減が合理的かつ目標に基づいて行われることを示唆している。Twitterでは、新しいオーナーCEOのイーロン・マスクがソーシャルメディアの巨人の手綱を取った直後に、スタッフの半分を解雇するという無秩序で強硬な解雇が行われた。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました