Android Kotlin基礎講座 01.2: 基本的なアプリの構造

Android Kotlin基礎講座01.2 Android Kotlin基礎講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この講座について

この記事はAndroid Kotlin基礎講座の一部です。これ以外のAndroid Kotlin基礎講座(全10回)も一緒に受講することでAndroidアプリの開発手法、およびKotlinの基礎知識を学ぶことができます。全講座はAndroid Kotlin基礎講座にリスト化されていますので参考にしてください。

またこの記事ではGoogle Developers Training teamによってGoogle Codelabsに公開されているAndroid Kotlin Fundamentals courseを日本語に翻訳しつつ、筆者の考察も交えながら発信しています。オリジナルのサイト(英文)はこちら

イントロダクション

基礎講座を順番に進めている方は、ここまでで開発に必要なセットアップは全て済んでいます。またAndroid Studioがたくさんのコードを自動で作ってくれました。それらのコードに変更を加えていく前に、自分が何を作っているのか、Androidアプリのソースファイルをどうやって操作するのかを知ることが重要です。

この記事では、Androidアプリの主要なコンポーネントについてより深く学習します。またボタンに相互作用性(こちらからのタップなどの操作に対してコンピュータが何らかの結果を返す)を追加する方法等を学んでいきます。

前提知識

  • Android Studioのインストールの仕方と開き方
  • アプリプロジェクトの作り方
  • エミュレーター、または実機でのアプリの起動方法

この講座で学べること

  • アプリのレイアウトファイルの編集方法
  • アプリに相互作用性を持たせる方法
  • 新しい用語群。使用されている用語のより詳しい説明や概要を知るためにはVocabulary Glossary(英文)をご覧ください。

概要

  • MainActivity Kotlinファイルとアクティビティのレイアウトファイルについて
  • レイアウトファイル(XML)を編集する
  • アクティビティのレイアウトにボタン要素を追加する
  • ハードコード(変更不可)のstringをstringリソース(変更可)に変更する
  • ユーザーがボタンをタップした際に画面上にメッセージを表示する機能を追加する

コメント

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました