Android Kotlin基礎講座 03.1: フラグメントを作成する

アイキャッチ画像 Android Kotlin基礎講座

まとめ

この記事ではフラグメントをAndroidTriviaアプリに追加しました。この講座の残りの二つの記事ではそれを利用して作業していきます。

  • フラグメントはアクティビティの基本単位です。
  • フラグメントは独自のライフサイクルと独自の入力イベントを受け取ります。
  • フラグメントのレイアウトを定義するためにはXMLレイアウトファイル上で<fragment>タグを使います。
  • onCreateView()の中でフラグメントのレイアウトをインフレートします。
  • アクティビティ実行中にもフラグメントを追加したり削除したりできます。

次の講座は 3.2 ナビゲーションパスを定義するです。お疲れさまでした。

おすすめ書籍

Kotlinの文法をまず学びたい!という方には以下の書籍がおすすめです。Kotlinは日本語書籍がまだ豊富とは言えない状況ですが、細かく解説されており、Kotlin入門者のかたでもつまずくことなく学習できると思います。

created by Rinker
¥2,640 (2021/11/30 04:16:54時点 Amazon調べ-詳細)

実際にアプリを作りながら覚えていきたい!という方には以下もお勧めです。はじめに上の書籍で文法をさらっと学んでから取り組むのがお勧めです。

コメント

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました