Android Kotlin基礎講座 08.3:フィルタリングとインターネットデータの詳細ビュー

Android Kotlin基礎講座

この講座について

この記事はAndroid Kotlin基礎講座の一部です。これ以外のAndroid Kotlin基礎講座(全10回)も一緒に受講することでAndroidアプリの開発手法、およびKotlinの基礎知識を学ぶことができます。全講座はAndroid Kotlin基礎講座にリスト化されていますので参考にしてください。

またこの記事ではGoogle Developers Training teamによってGoogle Codelabsに公開されているAndroid Kotlin Fundamentals courseを日本語に翻訳しつつ、筆者の考察も交えながら発信しています。オリジナルのサイト(英文)はこちら

イントロダクション

このレッスンの以前の記事では、火星の不動産に関するデータをウェブサービスから取得する方法と、そのデータからの画像を読み込み、表示するためのグリッドレイアウトをRecyclerViewで作成する方法を学習しました。この記事では、その物件が借りれるか、または購入できるかによってフィルターをかけれるようにしてMarsRealEstateアプリを完成とします。またユーザーが概要の物件写真をタップしたときに、その物件に関する詳細情報が見られるように、詳細ビューも作成します。

前提知識

  • フラグメントの作り方、および使い方
  • フラグメント間の遷移のさせ方、およびSafe Args(Gradleプラグイン)を使ってフラグメント間でデータをやり取りする方法
  • ViewModel、ViewModelProvider.Factory、LiveData、LiveData transformationを含むアーキテクチャコンポーネントの使い方
  • JSONでエンコードされたデータをRESTウェブサービスから取得する方法、およびそのデータをRetrofitとMoshiライブラリを使ってKotlinオブジェクトにパースする方法

この講座で学べること

  • レイアウトファイルで複雑なバインディング式を使う方法
  • クエリオプションを用いてウェブサービスへのRetrofitリクエストを作成する方法

概要

  • MarsRealEstateアプリを修正して、販売用の火星物件に(賃貸用に対して)ドルアイコンを付けるようにする
  • 概要ページのオプションメニューを使って、火星物件をタイプによってフィルタリングするウェブサービスリクエストを作成する
  • 火星物件用の詳細フラグメントを作成し、ナビゲーションでそのフラグメントを概要ページとつなげ、物件データをフラグメントに渡す

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました