【Kotlin練習問題】Hello Worldを出力しよう

Kotlin

Hello World!を出力しよう!

どのプログラミング言語でも、やはり最初の定番はHello Worldですね!今回は第一回ですので、例によってHello Worldと出力させてみましょう!

fun main() {
    TODO()
}

上のコードのTODO()部分を書き換えて、”Hello World!”と出力させるようにしてください。

リンク先のKotlin公式サイトが提供しているKotlin Playgroundでブラウザ上で簡単にコードの編集・動作確認ができます!便利ですね!

下の[ヒント][答え]をクリックすると、それぞれ表示されます。

標準出力はprint()で行います。
文字列は””で囲います。
ヒント
fun main() {
    print(“Hello World!”)
}
答え

その他の問題はこちらからどうぞ。

完全無料で通えるプログラミングスクール

プログラミング学習はどうしても一人だとつまづいてしまう時がきます。調べればわかることも少なくないですが、最初のうちは調べ方もわからないことが多いため、あまり効率的ではありません。

効率的かつ挫折せずにプログラミングを学習したい方はスクールを検討してみるのも一つの手です。

中には無料で通えるスクールや、就職保証をしてくれるスクールなどもあるので、きっとあなたの目的に応じて最適のスクールが見つかります!以下の記事で評判がよく特におすすめのスクールをいくつかピックアップしているので、スクール選びで後悔したくない方は御覧ください!

おすすめ書籍

Kotlinの文法をまず学びたい!という方には以下の書籍がおすすめです。Kotlinは日本語書籍がまだ豊富とは言えない状況ですが、細かく解説されており、Kotlin入門者のかたでもつまずくことなく学習できると思います。

created by Rinker
¥2,640 (2021/10/23 19:13:22時点 Amazon調べ-詳細)

実際にアプリを作りながら覚えていきたい!という方には以下もお勧めです。はじめに上の書籍で文法をさらっと学んでから取り組むのがお勧めです。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました