【Kotlin練習問題】importの名前を変更する

Kotlin

asで名前を変更する

クラスや関数をimportする際、import文の後にas 新しい名前と書き加えることで別の名前を指定することができます。別のライブラリからの似たような名前のクラスや関数を複数個使いたい時など、混乱を避けるのに便利です。

import org.test.Message as testMessage //testMessageはorg.test.Messageを表している

問題

以下のコードのコメント部分を解除し、KotlinパッケージからのRandomをKRandomに、javaパッケージからのRandomをJRandomという名前に変更してコンパイルできるようにしてください。

// import kotlin.random.Random
// import java.util.Random

fun useDifferentRandomClasses(): String {
    return "Kotlin random: " +
            // KRandom.nextInt(2) +
            " Java random:" +
            // JRandom().nextInt(2) +
            "."
}

Kotlin Playgroundでコードの編集・動作確認ができます。

答え

import kotlin.random.Random as KRandom
import java.util.Random as JRandom

fun useDifferentRandomClasses(): String {
    return "Kotlin random: " +
            KRandom.nextInt(2) +
            " Java random:" +
            JRandom().nextInt(2) +
            "."
}

[解説]

kotlin.random.Random as KRandomとすることによって、useDifferentRandomClasses()内でもKRandomという名前で使用することができるようになっています。

答え

その他の問題はこちらからどうぞ。

完全無料で通えるプログラミングスクール

プログラミング学習はどうしても一人だとつまづいてしまう時がきます。調べればわかることも少なくないですが、最初のうちは調べ方もわからないことが多いため、あまり効率的ではありません。

効率的かつ挫折せずにプログラミングを学習したい方はスクールを検討してみるのも一つの手です。

中には無料で通えるスクールや、就職保証をしてくれるスクールなどもあるので、きっとあなたの目的に応じて最適のスクールが見つかります!以下の記事で評判がよく特におすすめのスクールをいくつかピックアップしているので、スクール選びで後悔したくない方は御覧ください!

おすすめ書籍

Kotlinの文法をまず学びたい!という方には以下の書籍がおすすめです。Kotlinは日本語書籍がまだ豊富とは言えない状況ですが、細かく解説されており、Kotlin入門者のかたでもつまずくことなく学習できると思います。

created by Rinker
¥2,640 (2021/10/23 19:13:22時点 Amazon調べ-詳細)

実際にアプリを作りながら覚えていきたい!という方には以下もお勧めです。はじめに上の書籍で文法をさらっと学んでから取り組むのがお勧めです。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました