Officeを「Microsoft 365」に改称

ニュース

Microsoftは本日、Officeの名称を「Microsoft 365」に変更すると発表した。これにより、Office.com、Officeモバイルアプリ、Windows用Officeアプリの名称にも影響が出る。また、新しいタイプのコンテンツ作成方法とテンプレートが追加されます。

2年以上前に、マイクロソフトはOffice 365 SMBサービスの名称を「Microsoft 365」に変更すると発表しましたが、本日、すべての生産性アプリケーションの名称を変更しました。

Microsoft 365の名称変更に含まれるのは、Office.com、Officeモバイルアプリ、Windows用Officeアプリである。それぞれ、新しいアイコン、新しい外観、そして「さらに多くの機能」が追加されると、同社のFAQは説明している。

Microsoft 365は、Microsoft Teams、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneDriveなどのアプリが含まれるクラウドプラットフォームです。

Officeの正式名称変更は11月に行われ、Office.com経由でアプリにアクセスしているユーザーは、自動的にMicrosoft365.comに切り替わることになる。Windows、MacOS、iOS、Android向けのOfficeアプリについても、2023年1月から同様の変更が展開される予定です。

マイクロソフトのブログ記事によると、新しいロゴとともに、新しいタイプのコンテンツ作成方法とテンプレートが追加され、ブランクテンプレートまたは推奨テンプレートが追加されるとのことです。

MicrosoftのCreateモジュールは、すでにWeb、Windows、モバイルデバイスのすべてのユーザーが利用できるようになっているが、来年にはさらに多くのテンプレートタイプを提供する予定だ。同社は、どのような新しいテンプレートがユーザーに提供されるかは明示していない。

さらに、来月からは新しい Apps モジュールが追加され、ユーザーは Microsoft 365 全体で最もよく使うツールを発見し、起動し、ピン留めすることができるようになります。Microsoft 365 モバイルでも、今後数カ月以内に同様のツールのピン留め機能が利用できるようになる予定です。

来月には、バッジングによって、ウェブとWindowsのコンシューマー・ユーザーは、Microsoft 365の契約状況を確認し、ストレージの使用状況を一度に把握することができるようになる予定です。

また、ビジネスユーザーがコンテンツを一元的に保存・閲覧できる機能「マイコンテンツ」を、11月からすべてのWebとWindowsの利用で提供することになりました。

最後に、マイクロソフトは、カスタムタグでコンテンツをグループ化し整理する新しい方法として、タグ付けを提供する予定です。この機能は、ウェブとWindowsの商用ユーザーを対象に、本日より提供されます。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました