PC市場が衰退しているのなら、アップルはどうなっているのでしょうか?

ニュース

IDCは、アップルの第3四半期の市場シェアの40.2%の増加を観察し、Canalysは、これはわずか1.3%増と見ている – とガートナーは、同社がそのシェアを15.6%下落したと考えている.少なくとも1つの仮定は間違っている。

先住民の日に慌ただしく通り過ぎたガートナー、IDC、カナリスによるPC市場レポートについてだが、コンピュータ市場における一つの勝ち組の顔を無視することはできないだろう。

データには大きな違いがあるが、ひとつの収穫がある

また、3社のデータには大きな違いがあることも無視できない。全体的な見識はほぼ同じところに留まっているが、IDCはアップルの第3四半期のマーケットシェアが40.2%上昇したと報告し、Canalysはわずか1.3%の上昇と見ている–そしてGartnerはアップルが15.6%のシェアを落としたと断定しているのだ。アナリストのうち2人がこれを間違って呼んでいるようだ。

主張の大まかな推論は同じですが、使用された数字のいくつかは非常に異なっており、PC市場シェアが常にやや不確実な指標であったことを示唆しています。これは、ほぼ間違いなく予測モデルの違いを反映しており、また、急速な、時には破壊的な変化の中で、何が起こっているのか誰も本当のところは知らないという、共通の現実を表しているのかもしれない。

3社のアナリストに共通しているのは、PCの出荷台数は減少を続けており、Appleがこのますます暗くなる空の中で唯一の輝きを放っているということです(Gartnerを除く)。(ガートナーは除く)。

データが主張すること

Windowsに関しては、3社ともほぼ同じ数字となっている。IDCは第3四半期のPC出荷台数を15%減、Gartnerは19.5%減、Canalysは18%減と見ています。私は、ある傾向を感じています。

しかし、Appleは彼らの計算から抜け出しているようだ。推定販売台数でさえ、どの会社の計算機を使うかによって、579万台から1,006万台と、あまりにも大きく乖離しているように見える。

これは、実際の販売データを胸にしまっておくというAppleの決定を反映している面もある。しかし、これはAppleのMacビジネスの性質の変化を反映している面もある。

Apple Siliconに移行したことで、同社の提供するMacのコンポーネントが劇的に改善され、同時にクパチーノが企業向け販売の面で大きく前進したというのが真相のようだ。

思い込みに挑戦する

これは、長年Macをコンシューマー向けデバイスとしてしか見てこなかったアナリストの仮定に対する大きな挑戦です。これはもはや真実ではありません。

ここ数週間、私はApple/エンタープライズ分野の人々と話をしてきたが、いずれもビジネスユーザーの間でMacへの関心が急速に高まっていることを示唆している。JamfのCEOであるDean Hager氏は、同社が管理するAppleデバイスの数が、12ヶ月前と比べて世界中で15%増加していることを指摘した。この数字にはiPhoneとiPadが含まれているが、衰退の話は誇張されすぎている可能性があることを示唆している。この傾向は、今年初めのJamfでも見られました。

「KandjiのCEOであるAdam Pettitは、「Appleが同じペースで革新を続け、従業員に選ばれる製品であり続けると仮定すれば、Appleが世界的に支配的なプレーヤーとなるところまで普及が進むと見ています。

雇用主が新しい人材を獲得し、維持しようとする中で、従業員選択制度が普及しており、すでに多くの読者がご存知のように、選択した従業員の50%以上がMacを選んでいます。MacはPCの顧客満足度が最も高く、それが表れています。

IDCは、昨年洪水となったAppleのエンタープライズ分野での急成長にいち早く注目したアナリストであることを考えると、アナリスト企業の想定が現実に近いのではないかと想像するのはもっともだが、そうでないとしても、この海の動きは明らかだろう。

他社が急激にシェアを落とす中、アップルは最悪の場合、堅調に推移している。

アクションの準備をする

せいぜい、Apple Silicon Macのイノベーション列車をもう一回しっかり後押しすれば、同社が世界トップ3のPCメーカーになって世界をひっくり返すかもしれない。

アップルのルカ・マエストリCFOは、直近の決算説明会で、6月にMacのインストールベースが過去最高を記録し、新規Mac購入者の約半数がMacを初めて購入したことに言及しました。”我々はMacによる長期的なチャンスと、我々の絶え間ないイノベーションによるPC体験の再定義に興奮し続けている “と述べた。

Mシリーズ・プロセッサーの革新に向けた同社の積極的な計画や、迫り来る3nmとより小さなチップへの移行を考えると、この興奮は十分に伝わってくる。

Twitterでフォローするか、MeWeのAppleHolic’s bar & grillとApple Discussionsのグループに参加してください。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました