Windows 11 2022 Updateは企業が移行できるバージョンです。

ニュース

今回のアップデートの多くは、より良いハイブリッドワーク体験を可能にすることに重点が置かれています。

マイクロソフトは、本日、Windows 11の最初のメジャーな機能アップグレードの展開を発表しました。多くの変更は、ユーザー インターフェースと生産性の強化に焦点を当てた段階的なものですが、新しいパスワード セキュリティ機能など、いくつかの便利な機能が追加されています。

調査会社GartnerのアナリストであるStephen Kleynhans氏によると、Windows 11 2022 Updateと呼ばれるWindows 11バージョン22H2は、主にユーザーエクスペリエンスを磨き、企業向けの機能をいくつか追加して機能セットを丸くするものだという。

Kleynhans氏は、Computerworldへの電子メールでの返信で、「それ自体は、大きなアップデートではなく、すでにWindows 11を使っている人にとっては、大きな変化を意味するものではありません」と述べています。”むしろ、Windows 11の初期リリースにあった粗い部分や矛盾を取り除き、少し使い勝手が良くなっています。”

システム全体のライブキャプションやスクリーンリーダーの改善など、いくつかの新機能は一部のユーザーにとって本当にインパクトがあるとKleynhans氏は指摘する。しかし、最も重要なのは「このバージョンのWindows 11は、企業が移行する準備が整っていることだ」ということである。

“2023年中にほとんどの企業がWindows 10からWindows 11に移行すると予想される “と述べた。

2021年10月5日に相手先商標製品メーカーにリリースされたWindows 11は、当初から強い採用の逆風にさらされました。マイクロソフトは、CPUに関係なく誰でもWindows 11を手動でインストールできるようにしていますが、自動アップグレードは、コンピュータの3つの重要なコンポーネント、CPU、RAM、そして安全な暗号プロセッサであるTPM(Trusted Platform Module)が要件を満たした場合にのみ可能です。

マイクロソフトは、サポートページを更新し、Windows 11アップグレードのインストール方法と、そのための最小ハードウェア要件について説明しました。Windows 11の無償アップグレードオファーは、対象システムの終了日が特に定められていない。

Kleynhans氏によると、MicrosoftのWindows 11の最初の機能アップデートで欠けているのは、さらなる改善が必要ないくつかのユーザーエクスペリエンスだそうです。”サイズ変更可能なスタートメニューや位置変更可能なタスクバーといったものがまだ欠けており、一部のユーザーを失望させるだろう “と彼は述べています。

今回のアップデートで、マイクロソフトはAmazon App Storeを拡張し、Windows 11で使用できる20,000以上のAndroidアプリを提供することを発表しました。Androidアプリの機能は、Microsoftアプリと同様に、リサイズやスナップを使って開いているアプリを並べることができるようになる予定です。

セキュリティ強化

マイクロソフトは、Windows 11 22H2をハイブリッドワーカーとワークプレイスを正面から狙ったプラットフォームとして売り込んでいます。リモートワーカーがマルウェアやサイバーハッキングのターゲットになりやすいハイブリッド環境では、セキュリティのアップグレードがプラットフォームの採用の大きなポイントになります。

Windows 2022 Updateで、Microsoftはセキュリティの向上を自慢するためにかなりの時間を費やした。しかし、これらの改善の多くは、Windows 11で特に新しくなったことではなく、システムハードウェアとTPM 2.0に依存しています。

ハードウェアベースのセキュリティアップグレードの一例。Microsoft 365のジェネラルマネージャーであるWangui McKelvey氏によると、Intelの第8世代チップセット以降を搭載したデバイスでは、仮想化ベースのセキュリティ(VBS)とハイパーバイザー保護コード整合性(HVCI)がデフォルトで有効になるとのことです。

「この2つの技術は、一般的なマルウェアやランサムウェアだけでなく、より巧妙な攻撃からも保護します」とマッケルヴィーはブログで述べています。

Windows 11 2022 Updateで、MicrosoftはWindows 11 Enterpriseを実行するデバイスでWindows Credential Guardをデフォルトで有効にしました。

「Credential Guardは、仮想化ベースのセキュリティを使用して、特権的なシステムソフトウェアのみがアクセスできるように秘密を分離し、攻撃者がネットワークを侵害することを難しくします」とMcKelveyは述べています。

Windows 11 2022 Updateでは、Defender SmartScreeenに新しいパスワード保護機能が追加されています。WindowsがMicrosoftのパスワードを入力するユーザーを検出すると、Defender SmartScreenはそのパスワードが入力されている場所を分析する。アプリケーションの整合性、そのアプリケーションが接続しているウェブサイト、開いているネットワーク接続、署名されている証明書などをチェックするのです。

「これにより、Defenderは、ユーザーがMicrosoftのパスワードを適切な場所に安全に入力していることを確認することができるようになります。さらに重要なのは、そうでない場合にDefenderが検出できることです。例えば、ユーザがクレデンシャルフィッシングを受けたり、危険なネットワークを利用したり、さらにはサービス間でパスワードを再利用している場合などです」と、マイクロソフトのWeb Defense担当副社長のJason Weberは述べています。「これらの基本的な保護機能はWindowsカーネルに組み込まれており、DefenderはWindows上で動作するアプリケーションの保護を支援することができます」。

もう一つの機能であるSmart App Controlは、信頼されていないアプリケーションや署名のないアプリケーションをブロックすることで、従業員が悪意のあるアプリケーションを実行することを防ぎます。Smart App Controlは、人工知能を利用し、日々処理される既存および新規のインテリジェンスに基づいて安全と予測されるプロセスのみ実行を許可します。

「これは、デバイスを管理していない小規模な組織や、署名されていない業務用アプリケーションを持っていて、2022 Updateをクリーンインストールする場合に最適です。このようなニーズがある企業では、Windows Defender Application Controlの利用をお勧めします」とMcKelveyは述べています。

その他、生産性やユーザーインターフェースのアップグレード

また、Windows 11 2022では、タスクバーのドラッグ&ドロップ機能が追加され、右クリックでアプリケーションやドキュメントをバーから出し入れできるようになりました。

タッチファーストまたはタッチオンリーのデバイス向けに、Windows 11 2022 Updateでは、新しいスナップレイアウトが搭載される予定です。この機能は、エッジのタブを一度にたくさん開いてしまい、生産的に使えない傾向にあるユーザーに対応するものです。エッジのタブを横に並べてスナップできるようになった。スナップ機能は、指のタッチ操作によって、より簡単にウィンドウを配置することもできます。

マイクロソフトは、ユーザーが指でスワイプしてアプリケーションや機能を操作できるようにするための改良も加えました。タッチスクリーンデバイスのユーザーは、指を上にスワイプしてスタートメニューを開き、下にスワイプして閉じることができるようになりました。また、左から右にスワイプすることで、固定されたアプリケーションと完全なアプリケーションリストを切り替えることができ、上にスワイプすることで、クイックアクションにアクセスすることができます。

マイクロソフトは、Windows Studio Effects2に、ビデオ通話やオーディオ通話を支援するミーティング機能も追加した。ボイスフォーカスなどのエフェクトは、背景のノイズをフィルタリングすることを目的としており、自動フレーミングは、会議中にユーザーが移動しても、カメラがフレームを作り、追従することを支援する。また、アイコンタクトという機能は、ユーザーがモニターやその下のメモを見ていても、カメラを見ているように見せることを支援するものである。

Microsoftはまた、Teamsの電話会議やWebビデオなどの音声コンテンツを書き起こすことができる機能「Live Captions」を追加した。この機能は、聴覚に障害のある従業員が、音声ではなく視覚的に提示された音声をよりよく理解できるようにすることを目的としていると、同社は投稿で述べている。

また、Windows 11では、「設定」メニューから「Do Not Disturb」機能が提供され、プロジェクトに集中しようとしているときや、勤務時間外にPCを使用しているときに、すべての通知をオフにすることができます。

また、「おやすみ機能」では、メールや電話など、受け取りたい通知の種類を選択できるようになるなど、コントロールが追加されます。

おやすみなさい機能が有効なときに発行されなかった通知は、Windows通知センターで確認することができます。

Windows 11では、ファイルをタブで表現する機能も提供されますが、この機能が利用できるのは来月(10月)以降となります。

マイクロソフトは年1回のメジャーアップデートを堅持する

また、MicrosoftがWindows 10のリリース前に行っていた、Windowsのメジャーリリースのスケジュールを3年に戻すのではないかという憶測もあった。 しかし、Microsoftの関係者はその考えを否定し、更新は毎年秋に年単位で行われ、バグ修正、機能改善、セキュリティ問題の解決などを含む「Windows品質」更新が毎月行われると述べています。Moment」アップデートと呼ばれるこれらの段階的なアップデートの最初のものは、10月に予定されている。また、Windows 12のOSを展開する予定は今のところないとのこと。

Windows 10とWindows 11については、「Windows XPやWindows 7のような大規模なバージョンアップの時代に戻ったかのように考えたい」という誘惑があるとKleynhans氏は指摘する。

「当時は、OSのイテレーションを検証し、展開するために、多くの努力と評価(そして多大な費用)を伴う大きなプロジェクトを立ち上げた」とKleynhansは言う。「Windowsは、定期的に更新される、より継続的に進化するOSです。アップデートのインストールは、安全で最新の状態を保つために必要なことであり、毎月行われます。

「マイクロソフトが提供する新機能は、ある年は他の年よりもインパクトがありますが、特定の年次アップデートがわざわざ導入する価値があるかどうかを判断することはありません」とKleynhans氏は指摘します。

“それらはすべて必須です。企業は、Windowsの運用に伴う全体的な保守・運用の一環として、毎年次の年次アップデートを展開する継続的なプロセスの確立に注力する必要があります」と述べています。

Windows 11の採用は、過去のバージョンとほぼ一致している

Windows 11が企業で採用された初期の段階で問題となったのは、前身のWindows 10に比べて動作するためのハードウェア要件が大幅に引き上げられたことです。

Windows 11へのアップグレードには、64ビットプロセッサー、4GBのメモリー、64GBのストレージ、UEFIセキュアブート、TPM(Trusted Platform Module)v2.0を搭載したシステムが必要です。

ITエグゼクティブにとって、Windows 11に移行できるのか、それともすべてのバグが解消され、組織の通常のハードウェアアップグレードサイクルを待つべきかという疑問は残ります。2021年10月にWindows 11が登場したとき、Windows 10からの変化がほとんどなく、ハードウェア要件も厳しいため、導入に踏み切る組織はほとんどありませんでした。新しいプラットフォームのバージョンと同様に、ITショップも、それがプライムタイムに間に合うかどうか分かりませんでした。

Windows Store のアプリとゲームのクロスプロモーションネットワークである AdDuplex や、IT 資産管理プラットフォームプロバイダーの Lansweeper など、プラットフォームを追跡している複数の組織によると、Windows 11 は現在インストール数の 25% 弱を占めているとのことです。

LansweeperのテクニカルプロダクトエバンジェリストであるEsben Dochy氏は、Computerworldとの以前のインタビューで、Windows 11の普及率が高まらない主な理由として、「Windows 11へのアップグレードに厳しい条件が設けられていること、Windows 10が2025年までサポートされているため緊急性に欠けることが考えられます」と述べています。

2022年4月のLansweeper社のレポートによると、Windows 11の自動アップグレードを受けることができるワークステーションは44.4%に過ぎず、残りは必要なハードウェア要件のために不適格となるとのことです。

「新しいOSを展開するためには、アップグレードの対象となるマシン、および対象とならないマシンを特定するために、迅速かつ費用対効果の高いWindows 11の準備チェックが必要となります。私たちの調査によると、55%以上のワークステーションがアップグレードできないことが分かっています」とLansweeperはブログに書いています。

AdDuplexによると、8月のWindows 11の普及率は23.1%に達したという。「この2ヶ月間でWindows 11にアップグレードしたのは、最新のWindows PCの3.5%未満でした。AdDuplexのサイトでは、「ほぼ同じ数がWindows 10の最新バージョンに追加されました」と述べています。

デジタルゲーム配信サービスのSteamは、毎月「ハードウェアとソフトウェアの調査」を発表している。それによると、8月はWindows 11が全デバイスの24.71%強を占めた。Windows 10のシェアは71.76%と、引き続き圧倒的な強さを誇っている。

マイクロソフトは早い段階から、Windows 11に対する強い需要と嗜好が見られ、人々はWindows 10の2倍の割合でアップグレードオファーを受け入れたと主張していましたが、ハードウェアの課題が残る中、Windows 10は依然として組織で人気を博しています。

Lansweeperの最高戦略責任者であるRoel Decneutは、「Windows 11の採用に関する課題はまだ非常に多く、間違いなくこれまで以上に関連性が高い」と述べています。「最新のデータでは、多くの組織がWindows 11はまだテスト段階であり、今のところWindows 10に集中することを選択していることが明確に示されています。

さらに、スマートアプリコントロールやマルウェア対策など、Windows 11のメリットの多くは、新品のシステムでしか利用できない、とDecneut氏は言います。

「現在の状況では、企業は明らかに、新しいデバイスを購入し、(Windows)10から11にアップグレードするコストが、まだそれに見合うものだとは感じていません。Windows 10は2025年までサポートされるため、この針が動くのを見るにはまだ時間がかかるかもしれません」とDecneut氏は述べました。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました