Windows PCを使用するiPhoneユーザーが今すぐ「連写カメラ」機能を手に入れる方法

ニュース

AppleがWWDCでContinuity Cameraを発表したとき、Windows PCを使用している多くのiPhoneユーザーは、少し取り残されたように感じたかもしれません。そこで、Camoが登場。

iPhoneは、米国のエンタープライズ市場で使用されているスマートフォンの約50%を占めており、Macのシェアは拡大しているものの、Windowsハードウェアに依存して仕事をしているiPhoneユーザーはまだ何百万人もいます。そのため、Appleが先週のWWDCでContinuity Cameraを発表したとき、Windows PCを使用している多くのiPhoneユーザーは取り残されたように感じたかもしれません。

しかし、Camoは、それが彼らの救いになると言う。

コンティニュイティカメラとは?

WWDC 2022の開催中に発表されたContinuity Cameraは、まだリリースされていないiOS 16を搭載したiPhoneユーザーが、スマートフォンをウェブカメラに変え、まだリリースされていないmacOS Venturaを搭載したMacと自動的に同期させることができるようにするものです。これが出荷されれば、ユーザーはZoom通話のためのより高い品質のビデオを手に入れることができるようになります。

Windowsを使うiPhoneユーザー向けに、Reincubate社が開発したサードパーティ製アプリ「Camo」がWindowsとMacで利用可能です(Androidにも対応)。WWDCの後、開発元は率先して今週発表された新機能の数々で、その高速フォロワーを先取りしています。

Camoとは?

2月に報告したように、CamoはiPhoneをウェブカメラとして使うことができる。Camoはすでに幅広いデバイスをサポートしており、iOS 16でサポートされないためContinuity Cameraが動作しない古いiPhoneも含まれています。

また、macOS High Sierraを搭載した2010年以降のMacや、Windowsシステムでも動作します(ただし、Windowsではまだアプリケーションの最新の機能拡張は利用できません)。また、CNBCの技術コラムニストであるJoanna Sternのビデオ会議にも利用されています。

Camoの新情報は?

Reincubateは、Appleのソリューションから数歩進んだ新機能を発表した。ドラッグ&ドロップ可能なオーバーレイエディター、17種類の編集可能なテンプレートギャラリー、プレビューツール、オーバーレイを素早く切り替えるためのホットキーなど、そのほとんどが企業のプロフェッショナルに適したものである。

独自のテンプレートを作成することも可能なので、例えば通話中に会社のロゴを表示したり、テンプレートを共有することでMacやPCを問わず全社でそのような使い方ができます。また、Camo Studioアプリケーションでは、画像の調整、制御、合成、オーバーレイの選択など、高度な機能をコントロールすることができます。

また、iPhoneのズーム機能を利用することができるので、トリミング、パン、回転させて、最適な画像を得ることができます。

リインキュベートの言葉

ReincubateのCEOであるAidan Fitzpatrick氏は、声明の中で同社が行っていることを説明した。”我々は、より深く、楽しいオーバーレイ機能をCamoにもたらすことができ、とても興奮しています。「オーバーレイは、ビデオ通話、録画、ストリームにおいて、ユーザーを目立たせ、プロフェッショナルな外観を作り出すのに役立ち、Camoの既製のテンプレートはインスピレーションを与え、時間を節約してくれます。ユーザーは、既製のオーバーレイを選択し、詳細を追加することで、今日からチャンネル、ビジネス、ストリームのプロモーションを開始することができます。まさに効果的です。

これは誰のためのものなのか?

iPhoneをお使いの方は、たとえ古いモデルであっても、MacやWindows PCで使っているウェブカメラよりもはるかに優れたカメラをすでにお持ちだと思います。しかし、リモートワーカーやハイブリッドワーカーであれば、次のビデオコラボレーション会議では、ベストな状態で会議に臨みたいと思うことでしょう。Camoは、これを可能にし、AppleのContinuity Cameraより数段進んでいます。

つまり、会社で強制的に使わされているMacやPCがどんなに古くても、iPhoneで常に持っているカメラを利用して、より良いビデオ会議を行うための素晴らしいツールです – ITがCamoをインストールさせてくれる限りは、ですが。

Camoは、Zoom、Google Meet、Microsoft Teams、FaceTime、Chrome、Safari、Firefox、Edge、GoToMeeting、Cisco Webex、QuickTime、Slack、Discord、WhatsAppなどの数十のビデオコラボレーションサービスもサポートしています。

細部へのこだわり

新しいオーバーレイ機能は、本日、macOS用のCamo Studio 1.7(無料版および有料版)で提供され、camoapp.comまたはApp Storeからダウンロードすることができます。同じ機能は、今後数ヶ月のうちにWindowsにも提供される予定です。

Pro版(最高の機能を搭載)は、月額4.99ドル、年額39.99ドル、生涯ライセンス79.99ドルです。

Twitterでフォローするか、MeWeのAppleHolic’s bar & grillとApple Discussionsのグループに参加してください。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました