Workday、社員のスキルを表面化させるサービスを拡充

ニュース

Workday は従業員のスキルセットを決定するためにアクセスできるソースを拡張し、雇用主は従業員のプロファイルを検索して、ビジネスの最も重要な分野へと誘導することができます。

Workdayは今週、Skills Cloudサービスの拡張を発表しました。このサービスは、サードパーティシステムから抽出した既存の従業員情報を使用して、組織内で活用できる才能を発見するものです。

2018年に登場したSkills Cloudは、WorkdayのHuman Capital Managementプラットフォームとネイティブに連携し、顧客企業の人材管理プログラム構築を支援する機械学習ソフトウェアです。

このソフトウェアは、さまざまなソースから情報を収集し、従業員のスキルセット(過去のトレーニングなど)を構成するものと、従業員が持つ可能性のあるさまざまなスキルの関係を分析するものです。その後、データを整理して従業員のスキルをデータベース化し、企業が検索することで、最も需要の高い職種に就く可能性のある現在の従業員を発見することができます。

Workday の Chief Human Resources Officer 製品担当ジェネラルマネージャーである David Somers 氏によると、従業員のスキルデータは、企業の人事システム、オンラインスキル評価、ジョブプロファイル、転職などの人事取引、履歴書、労働市場データ、入社資料、パフォーマンスレビュー、学習・人材システムなど、さまざまなソースから得られるといいます。

Skills Cloudサービスは、以前は1つの企業の社員情報からしかデータを取り出していませんでした。Workdayは、AccentureやSun Lifeといった顧客や、Aon、Degreed、SkyHiveといったソフトウェアアライアンスパートナーと協力し、他社システムから関連するスキルデータをWorkdayのSkills Cloudデータベースに取り込むことに成功したのです。

「Somers 氏は、「お客様が何年も前から求めていたのは、他のシステムから Workday に情報を取り込み、それを Skills Cloud 言語に翻訳することでした。「現在では、スキル情報がどこから来たものであっても、すべて正規化されています。

記録的な低失業率、デジタル化の進展、社員のワークライフ・プライオリティの変化などにより、特に技術系の人材が不足している現在、最も需要の高い職務に人材を投入できることは、ビジネスの成功にとって非常に重要なことです。

また、多くの企業が、コーディングブートキャンプやローコードトレーニングなど、従来とは異なるアプローチで採用を行っており、標準外の人口エリアにフォーカスしています。

Workday と外部ソースからのスキル データを使用して、組織は労働者をプロジェクト、仕事、新しい役割などの社内機会と結びつけることができ、よりパーソナライズされた経験を提供し、キャリアの成長を促進することができると Workday は述べています。

Somers氏は、「問題は、組織には大量のスキルがあるが、それらは常に変化しており、企業はそれらが互いにどのように関連しているかを知る術がなかったことです」と述べています。「例えば、Excelのスキルが高い人は、データ分析やレポート作成など、Excelで行う作業のスキルを持っている可能性が高いのですが、一般的なスキルのデータベースでは、このようなことはわかりません。

“これは重要なことで、例えば求職者を推薦する場合、キーワードマッピングに頼る必要はないはずです。”と彼は続けました。「このテクノロジーは、スキルが互いにどのように関連し、時間とともに進化していくかを理解する必要があります。

HR業界のリサーチアナリストであるJosh Bersin氏は、WorkdayのSkills Cloudは以前の雇用主からデータを取り込まないため、プライバシーの問題は生じないはずだと述べている。従業員のデータは、LinkedInなどの求人情報サイトを通じて、すでに入手することができます。

「Skills Cloudは、他社から独自データを取り込むことはありません。誰が働いていたか』『どんな仕事をしてきたか』『誰と働いていたか』を知ることはできますが、このデータはすでに公開されています」とバーシンは述べています。

“価値としては、これは労働市場の逼迫を助ける最も重要なデータソースの1つです “と彼は言いました。”雇用主は、この仕事をしたことがある人を探すのではなく、この仕事に必要なスキルを持つ人を探すことができ、労働市場をかなり民主化することができます。”

また、このソフトウェアによって、企業は資格だけでなく、能力に基づいて採用することが可能になり、ひいては多様性を高めることができます。最近では、必ずしもコンピュータ・サイエンスの学位を必要としない重要な職務を担うため、スキルベースの採用を重視し、求人広告から大卒の要件を削除する企業が増えています。

例えば、IDCは、Salesforceの人材需要は2026年までに930万人の新規雇用に拡大すると予測しています。それを踏まえて、クラウドベースのソフトウェアベンダーであるSalesforceは、Salesforceのトレーニングを受けた技術者に特化した電子履歴書ツール「Trailblazer.me」に加えて、「Hire Me Button」というサービスを開始したばかりである。

企業がSalesforceの人材を探す際、Trailblazer.meのプロフィールから個人の関連スキル、資格、継続的な学習状況を確認することができます。プロフィールは、Salesforce の無料オンライン学習プラットフォームである Trailhead にリンクされており、スキルや資格の確認が可能です。

「Hire Meボタンの追加により、Salesforceの人材を求める採用担当者は、450万人以上のユーザーのうち、どのユーザーが積極的に新しい機会を求めているかを簡単に確認でき、Hire Meボタンをクリックして直接コンタクトを取ることができるため、採用プロセスがこれまで以上に効率的になります」と、Salesforceの広報担当者は述べています。

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました