Android Kotlin基礎講座 08.1:インターネットからデータを取得する

Android Kotlin基礎講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この講座について

この記事はAndroid Kotlin基礎講座の一部です。これ以外のAndroid Kotlin基礎講座(全10回)も一緒に受講することでAndroidアプリの開発手法、およびKotlinの基礎知識を学ぶことができます。全講座はAndroid Kotlin基礎講座にリスト化されていますので参考にしてください。

またこの記事ではGoogle Developers Training teamによってGoogle Codelabsに公開されているAndroid Kotlin Fundamentals courseを日本語に翻訳しつつ、筆者の考察も交えながら発信しています。オリジナルのサイト(英文)はこちら

イントロダクション

ほとんどのAndroidアプリは何かしらのタイミングでインターネットに接続する必要があります。この記事および、これに続く記事では、データを受け取り、それを表示するためにウェブサービスに接続するアプリを構築していきます。また以前までの記事で学んだViewModel、LiveData、RecyclerViewなども活用していきます。

この記事では、ネットワークレイヤーを構築するために、コミュニティによって開発されたライブラリを使います。これによって、データや画像を読み込むのが非常に簡単になるだけでなく、アプリがバックグラウンドスレッドで画像を読み込んだり、読み込んだ画像をキャッシュしたりといったAndroidのベストプラクティスに適合する手助けにもなります。ウェブサービスレイヤーに呼びかけるなど、コードにおける非同期、またはノンブロッキングセクション用には、Kotlinのコルーチンを使うようにアプリを修正していきます。またインターネットが遅い、または接続できないといった場合には、ユーザーに今何が起こっているのかを知らせるようにユーザーインターフェース(UI)をアップデートしていきます。

前提知識

  • フラグメントの作り方、および使い方

    フラグメント間のナビゲートおよび、safeArgsを使ってフラグメント間でデータを渡す方法
  • ViewModel、ViewModelProvider.Factory、LiveData、LiveData transformationを含むアーキテクチャコンポーネントの使い方
  • ロングランニングタスク用のコルーチンの使い方

この講座で学べること

  • RESTウェブサービスとは何か
  • インターネット上のRESTウェブサービスに接続し、反応を得るためのRetrofitライブラリの使い方
  • Moshiライブラリを使って取得したJSONをデータオブジェクトにパース(解析)する方法

概要

  • スターターアプリを修正して、ウェブサービスAPIリクエストを作成し、結果を処理する
  • Retrofitライブラリを使ってアプリにネットワークレイヤーを実装する
  • Moshiライブラリを使ってウェブサービスから得られたJSONをアプリで使えるLiveDataにパースする
    コードを簡素化するためにコルーチン用のRetrofitサポートを活用する

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました