Android Kotlin基礎講座 07.2:DiffUtilとRecycleViewのデータバインディング

Android Kotlin基礎講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この講座について

この記事はAndroid Kotlin基礎講座の一部です。これ以外のAndroid Kotlin基礎講座(全10回)も一緒に受講することでAndroidアプリの開発手法、およびKotlinの基礎知識を学ぶことができます。全講座はAndroid Kotlin基礎講座にリスト化されていますので参考にしてください。

またこの記事ではGoogle Developers Training teamによってGoogle Codelabsに公開されているAndroid Kotlin Fundamentals courseを日本語に翻訳しつつ、筆者の考察も交えながら発信しています。オリジナルのサイト(英文)はこちら

イントロダクション

前回の記事では、RecyclerViewを用いて睡眠データを表示するようにTrackMySleepQualityアプリを更新しました。前回のRecyclerViewを作る際に学んだ技術はデータが大きすぎないシンプルなリストを表示するRecyclerViewを作成する分には十分であると言えます。しかしながら、大きいリストを扱う際や、コードを管理しやすくするために簡素化したり、より複雑なリストや格子状データ用に拡張するためには、より効率的なRecyclerViewを作る手法も存在します。

この記事では、前回の記事から引き続きTrackMySleepQualityアプリをビルドしていきます。睡眠データのリストをより効率的に更新する方法、RecyclerViewにデータバインディングを使う方法などを学習します。(前回の記事からのアプリを持っていない方は、この記事用のスターターコードをダウンロードできます)

Lesson 7に含まれている記事

前提知識

  • アクティビティ、フラグメント、ビューを使った基本的なUIの作り方
  • フラグメント間のナビゲートおよび、safeArgsを使ってフラグメント間でデータを渡す方法
  • ビューモデル、ビューモデルファクトリー、transformatison、LiveData、オブザーバーについての基礎知識
  • Roomデータベースの作り方、データアクセスオブジェクト(DAO)の作り方、実体の定義のしかた
  • データベースの操作、その他のロングランニングタスク用のコルーチンの使い方
  • 基本的なRecyclerViewおよびAdapter、ViewHolder、アイテムレイアウトの実装方法

この講座で学べること

  • DiffUtilを用いたRecyclerViewによって表示されているリストの効率的な更新方法
  • RecyclerViewにデータバインディングを使う方法
  • データを変換するためのバインディングアダプターの使い方

概要

  • 前回の記事から引き続きTrackMySleepQualityアプリの作成
  • DiffUtilを使ってリストを効率的に更新するためにSleepNightAdapterを更新する
  • RecyclerView用のデータバインディングの実装、データ変換用にバインディングアダプターを利用

コメント

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました