Android Kotlin基礎講座 07.3:RecyclerViewによるグリッドレイアウト

Android Kotlin基礎講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この講座について

この記事はAndroid Kotlin基礎講座の一部です。これ以外のAndroid Kotlin基礎講座(全10回)も一緒に受講することでAndroidアプリの開発手法、およびKotlinの基礎知識を学ぶことができます。全講座はAndroid Kotlin基礎講座にリスト化されていますので参考にしてください。

またこの記事ではGoogle Developers Training teamによってGoogle Codelabsに公開されているAndroid Kotlin Fundamentals courseを日本語に翻訳しつつ、筆者の考察も交えながら発信しています。オリジナルのサイト(英文)はこちら

イントロダクション

RecyclerViewの主な強みの一つとして、レイアウトを制御したり修正したりするためのレイアウトマネージャーが使えるという点が挙げられます。LayoutManagerはRecyclerView内のアイテムがどのように配置されるかを管理します。

RecyclerViewには一般的なユースケース向けのすぐに使用できるレイアウトマネージャーが付属しています。例として、水平または垂直なリスト用のLinearLayoutや、グリッド(格子)表示するためのGridLayoutなどが使えます。より複雑なユースケースに対しては、独自のLayoutManagerを実装する必要があります。

この記事では、以前の記事から引き続きTrackMySleepQualityアプリを作成しながら、リストの代わりにグリッドレイアウトを使ってデータを表示する方法を学習します。(以前の記事のアプリを持っていない場合は、この記事用のスターターコードをダウンロードできます)

Lesson 7に含まれている記事

前提知識

  • アクティビティ、フラグメント、ビューを使った基本的なUIの作り方
  • フラグメント間のナビゲートおよび、safeArgsを使ってフラグメント間でデータを渡す方法
  • ビューモデル、ビューモデルファクトリー、transformatison、LiveData、オブザーバーについての基礎知識
  • Roomデータベースの作り方、データアクセスオブジェクト(DAO)の作り方、実体の定義のしかた
  • データベースの操作、その他のロングランニングタスク用のコルーチンの使い方
  • 基本的なRecyclerViewおよびAdapter、ViewHolder、アイテムレイアウトの実装方法
  • RecyclerView用のデータバインディングを実装する方法
  • データを変換するためのバインディングアダプターの作り方、および使い方

この講座で学べること

  • RecyclerView内のデータをどのように表示するかを変更するための異なるLayoutManagerの使い方
  • 睡眠データ用のグリッドレイアウトの作成方法

概要

  • 前回の記事から引き続きTrackMySleepQualityアプリを作成
  • アプリ内でRecyclerViewによって表示されている睡眠データのリストをグリッドレイアウトに置き換える

コメント

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました