Android Kotlin基礎講座 02.1: レイアウトエディターを利用したLinear layoutについて

Android Kotlin基礎講座02.1 Android Kotlin基礎講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この講座について

この記事はAndroid Kotlin基礎講座の一部です。これ以外のAndroid Kotlin基礎講座(全10回)も一緒に受講することでAndroidアプリの開発手法、およびKotlinの基礎知識を学ぶことができます。全講座はAndroid Kotlin基礎講座にリスト化されていますので参考にしてください。

またこの記事ではGoogle Developers Training teamによってGoogle Codelabsに公開されているAndroid Kotlin Fundamentals courseを日本語に翻訳しつつ、筆者の考察も交えながら発信しています。オリジナルのサイト(英文)はこちら

イントロダクション

レッスン2に含まれる記事は以下になります。

前提知識

  • Kotlinを用いた基礎的なAndroidアプリの作成方法
  • エミュレーター上、または実機上でのAndroidアプリの起動方法
  • LinearLayoutについての基本知識
  • LinearLayoutとTextViewを用いた簡単なアプリの作成方法

この講座で学べること

  • ビューとビューグループを使った開発の進め方
  • LinearLayoutを用いてアクティビティの中にビューを配置する方法
  • スクロール可能なコンテンツを表示するためのスクロールビューの使い方
  • ビューの可視性の変更方法
  • stringおよび値が保存されたリソースの作成方法と使い方
  • Android Studioのレイアウトエディターを使用したLinearLayoutの作成方法

概要

  • AboutMeアプリの作成
  • 自分の名前をレイアウトに表示するためのテキストビューをレイアウトに追加する
  • イメージビューの追加
  • スクロール可能なテキストを表示するためのスクロールビューの追加

コメント

プロフィール

プロフィール
コードラボJP

大学卒業後SEに就職、現在は退職しフリーランスとして活動中。
『初心者でも挫折せずに一人でプログラミングを学べる』をモットーに、コードラボJPを開設
お問い合わせ等はcodelabsjp@gmail.comまで

コードラボJPをフォローする
タイトルとURLをコピーしました